「RBSP」Radiation Belt Storm Probes NASAの放射線帯嵐探査機(ヴァン・アレン帯探査機)

283RCjyGDFZRT
バンアレン帯の調査を目的に
2012年8月に打ち上げられた
「A」「B」の2体からなる
NASAの探査機は?
RSBP
→RBSP
Radiation Belt Storm Probes「RBSP」

放射線帯嵐探査機(英: Radiation Belt Storm Probes[1]、RBSP)またはヴァン・アレン帯探査機(英: Van Allen Probes)は、地球を取り囲むヴァン・アレン帯の探査を行う2機の無人探査機である。アメリカ航空宇宙局(NASA)は、Living With a Star計画の一環としてヴァン・アレン帯探査機のミッションを行った[2]。放射帯の環境と変動性の理解は、宇宙船の運用、設計、計画や宇宙飛行士の安全にとって重要である[3]。探査機は、2012年8月30日に打ち上げられた。
>ヴァン・アレン帯は、太陽の表面から発生し、太陽系全体を満たすエネルギーや物質によって駆動される、より大きな宇宙天気の一部として、時間とともに膨らんだり縮んだりしている。宇宙天気はオーロラの原因となるが、一方で衛星に悪影響を与え、送電網の故障やGPSの混乱も引き起こす。ヴァン・アレン帯探査機は、ヴァン・アレン帯の理解を進め、外宇宙の厳しい環境に耐える宇宙船の設計にも役立つ[2]。
引用元: 放射線帯嵐探査機 – Wikipedia.

The Van Allen Probes (formerly known as the Radiation Belt Storm Probes (RBSP)) will study two extreme and dynamic regions of space known as the Van Allen Radiation Belts that surround Earth. Named for their discoverer, James Van Allen, these two concentric, donut-shaped rings are filled with high-energy particles that gyrate, bounce, and drift through the region, sometimes shooting down to Earth’s atmosphere, sometimes escaping out into space.
引用元: Van Allen Probes – Mission Overview | NASA.