【イモリ】シュペーマン

ドイツのシュペーマンが
形成体を発見した実験の際に
その卵を用いた生物はどっち?
Aイモリの画像(答)
Bカエルの画像
39%

シュペーマン(Hans Spemann)
[1869~1941]ドイツの動物学者。イモリの胚(はい)の形成体の作用を発見し、実験発生学に功績を残した。1935年、ノーベル生理学医学賞受賞。
引用元:シュペーマンとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3-78205

ハンス・シュペーマン(独: Hans Spemann、1869年6月27日 – 1941年9月9日)は、ドイツの発生学者。胚の特定箇所が、他の細胞を組織や臓器へと誘導する胚誘導の発見に対し、1935年のノーベル生理学・医学賞が授与された。

彼は、2割球期のイモリ胚を新生児の毛で結紮し、人工的な双子形成を行う実験などで成功を収めている。シュペーマンは半分の割合で完全な胚ができることを報告し、分割面が重要との事実を発見した[3]。この事実は前成説を追いやり、シュペーマンがポール・ワイスから学んだ “Morphogenetic field” との概念を支持した。またこれらの結紮実験やその他の他細胞胚実験を通じて、胚の割球には、初期発生に重要な遺伝情報が全て含まれていることを証明した。
引用元:ハンス・シュペーマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3