ムメフラール

インフルエンザウイルスの
人体への感染を阻害する
作用があることが発見された
梅肉エキスに含まれる成分は?
メルラフーム
ムメフラール(答)
30%

成分
主成分はクエン酸で、それ以外にも、リンゴ酸、コハク酸、カテキン酸、ピクリン酸などの有機酸が豊富である。有機酸の含有率は50%を上回る。リン、鉄、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも含んでいる。梅肉エキス特有の成分・ムメフラールは農林水産省食品総合研究所の菊池佑二上席研究官らが1999年(平成11年)に発見した成分で、生梅に含まれる糖質の一種の5-ヒドロキシメチルフルフラールとクエン酸が結合して生成される物質。青梅の果汁を煮詰める梅肉エキスの製造過程で生成し、生梅や梅干には含まれていない成分である。ムメフラールの名は、梅の学名「Prunus mume Sieb.et.Zucc」と糖質・5-ヒドロキシメチルフルフラールから命名された[8][10]。
引用元:梅肉エキス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%85%E8%82%89%E3%82%A8%E3%82%AD%E3%82%B9

〇梅干しを加熱することで血液サラサラ効果がアップ!
梅干しの血液サラサラ効果を発揮させるには、「そのまま食べる」よりも、「煮て食べる」ほうがよい。

梅干しを加熱すると、血液が固まるのを防ぐ「ムメフラール」という物質が発生し、血液をサラサラにして心筋梗塞・脳梗塞を予防する。煮物に梅干しを入れることで、手軽に血液サラサラ効果を得ることができる。

〇加熱した梅干しには脂肪燃焼効果も!
梅干しを生で食べるだけでも脂肪燃焼効果は得られるが、加熱することで「バニリン」という脂肪燃焼効果がある成分がおよそ20%アップする。
引用元:この差って何ですか?|TBSテレビ https://www.tbs.co.jp/konosa/archive/20180529.html