【歯で測定】ハクジラ【耳垢】ヒゲクジラ

マッコウクジラは
歯で年齢を測定する
◯(答)
58%

余談ではあるがマッコウクジラは、歯により年齢を推定することが可能である。
象牙質には、縞模様があり年に1本ずつ刻まれる。
そう! 木の年輪と同じなのだ。しかし加齢とともに下顎の歯が摩耗し、次第に判定が困難となる。
そこで、一生歯グキの中に残される上顎の歯を利用する。
(図5)

歯による推定では、クジラの最高齢は76歳となっている。

それでは、歯を持たないヒゲクジラはどうだろう?
なんと!耳垢を利用する。
クジラは水中生活のため耳介はないが、眼の後ろに小さな外耳孔がある。
しかし使うことがないので、ロウ状の耳垢によって塞がれている。
この栓を切ると、歯と同様に縞模様が表れる。
(図6)
引用元:イルカの歯のふしぎ その6/ハクジラの歯 | 岡崎 好秀 先生 | モリタメールマガジン スマイル+(Plus) | 歯科情報ポータルサイト デンタルプラザ https://www3.dental-plaza.com/archives/2659