石灰岩 別名「ライムストーン」堆積岩

090ZVufiMzhwl
「ライムストーン」とも
呼ばれる堆積岩は◯◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
せっかいがん
石灰岩

石灰岩(せっかいがん、英: limestone[1])は、炭酸カルシウム(CaCO3、方解石または霰石)を50%以上含む堆積岩。炭酸カルシウムの比率が高い場合は白色を呈するが、不純物により着色し、灰色や茶色、黒色の石灰岩もある。
>石灰岩は石材として一般的に使用されている。「ライムストーン」の名称で取り扱われる石材は石灰岩のことである。古くはエジプトのピラミッドに使われた例がある。石灰岩産地では石垣などにも多用されている。
引用元: 石灰岩 – Wikipedia.

limestone
【名】
石灰岩[石]、ライムストーン◆炭酸カルシウム(CaCO3)の結晶である方解石(calcite)と霰石(aragonite)を主成分とする堆積岩。建材として、また石灰やセメントの材料として用いられる。
カナライムストーン、分節lime・stone
引用元: limestoneの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク.