ド・フリース「ミュータント」


遺伝学における突然変異体の
ことを「ミュータント」と命名
した植物学者はド・フリース
である
◯(答)
62%

ミュータント【mutant】
遺伝学における突然変異体のことで,オランダの植物学者ド・フリースの《突然変異説Die Mutantionstheorie》(1901‐03)に初めて使われた用語。とくにSFでは根本的な変異をもった生物の意味に使われ,人間のミュータントがしばしば題材となり,この新人類に対して旧人類が不安や恐怖を抱くといった設定が多い。ミュータントを発生理由で分けると,(1)自然発生して群として定着しているもの,(2)核戦争によって大きく生態系を変化させたもの,(3)遺伝子工学的に変化させられたもの,に分類される。
引用元:ミュータントとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88-640089