【体液が光る】ホタルミミズ


ホタルミミズというミミズは
その名の通り体が光る
◯(答)
65%


ホタル
アブラ
シーボルト
ハッタジュズイ
ヤスデ
ゲジゲジ
ミミズ(答)
ヒル

https://youtu.be/MziP3UuBTco

ごめんなさいと謝りながらそっと優しく押して、粘液を出させる。ミミズの右下に粘液が付着しているのが見えるかな。

電気を消したら、そこが光った。やはりミミズ本体ではなく、粘液が光るようだ。
引用元:光るミミズ、ホタルミミズはどこにでもいる! – デイリーポータルZ http://portal.nifty.com/kiji/140410163801_4.htm

ホタルミミズ(蛍蚯蚓、学名: Microscolex phosphoreus)は、小型のミミズの1種である。生物発光することで知られている。日本でも各地に産する。

生態
日本においては、寒い時期の降雨中(あるいは降雨の直後)における目撃例が多い[4][5]。夏期に見出されることはきわめて少なく、温暖な時期は卵の状態で越すか、あるいは異なった場所に移動して過ごす可能性が考えられている[6][7]。地表に排出した糞塊(earthworm cast)は粉質で粒径が小さく、同様の場所に生息する他のミミズのそれと異なるために、比較的容易に生息場所が特定できるが、この糞塊も、晩秋から冬(特に11月末から12月末ぐらいまでの期間)にかけて多く見られ、夏場はほとんど見出されないという[7]。

主に有機物に富んだ黒ボク土や、花崗岩が風化してできた真砂土のようなシルト質の土壌を好み,畑や山林などさまざまな場所で確認されている。乾燥しすぎた場所や、逆に土壌含水率が過剰な場所には生息していない[7]。当初は珍しい種であると考えられていたが、現在では公園や校庭などで見られる普通種であるとされる。

発光
発光能力があることで知られるが、特別に分化した発光器は持たず、外界からの刺激(ピンセットや針などによる機械的な刺激やクロロホルムなどの化学的刺激、電気的刺激[2]を受けて、口や肛門または皮膚表面から体外に滲出した体腔液が光を発する[2]。体腔液が発する光を分光器測定した結果では、その波長は538 nm(黄色みがかった緑色)であったという[18]。

本種が生息する地域を夜間に歩くと、地表面に点々とホタルのそれを思わせる光が観察される[1]。ピンセットによって機械的刺激を与えた例では、体の末端から体液が出て、約1分間にわたりぼんやりとした光を発したという[7]。富山県魚津市内での発見例でも、発光部位は体の後端であると報告されている[16]。

発光の意義については確実な説明がなされていないが、ケラなどの外敵が、発光しているホタルミミズに対して忌避を示して摂餌しない例が観察されていることから、外敵に対する威嚇ではないかとする説がある[19]。
引用元:ホタルミミズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%82%BA

アブラミミズ(油蚯蚓、脂蚯蚓)は、淡水に住むごく小型のミミズ類である。剛毛がはっきりしており、一見ではミミズとは思えない。
引用元:アブラミミズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%82%BA

シーボルトミミズ Pheretima sieboldi (Horst) は、日本産の大型ミミズで、日本最大のミミズの一つと言われる。濃紺色のミミズである。
引用元:シーボルトミミズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%82%BA

ハッタジュズイミミズ (Drawida hattamimizu) は、ミミズの1種。よく伸びると1メートル近くなるものがあり、日本一大きいミミズの1つとされる。ハッタミミズとも呼ばれ、環境省では絶滅危惧種、滋賀県では絶滅危機増大種として指定されている[1]。
引用元:ハッタジュズイミミズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%BA%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%82%BA