【9/12】宇宙の日


9月12日の「宇宙の日」は
毛利衛が日本人として初めて
スペースシャトルに搭乗した日に
ちなみ定められた
◯(答)
60%


次の国際連合が定めた国際年と
それに指定された年の
正しい組み合わせを選びなさい
世界天文年───2009年
国際生物多様年───2010年
国際森林年───2011年
国際言語年───2008年
12%
引用元:新規投稿を追加 ‹ わかればいいのに I wish I knew — WordPress https://seethefun.net/wp-admin/post-new.php

宇宙の日

9月12日。1992年の国際宇宙年を記念して、科学技術庁(現・文部科学省)や宇宙科学研究所(ISAS)などからなる日本国際宇宙年協議会が、公募により日付を決めて制定。日付は同年9月12日に宇宙飛行士の毛利衛が日本人として初めてスペースシャトル・エンデバーで宇宙に飛び立ったことにちなむ。国際宇宙年の年号「’92」を漢数字で書くと「九十二」となることも由来のひとつ。この日と世界宇宙週間を含む9月初旬から10月上旬は「『宇宙の日』ふれあい月間」として、さまざまな宇宙関連行事が行われている。
引用元:宇宙の日とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AE%E6%97%A5-696230

アースデイ(別名:地球の日、英: Earth Day)は、地球環境について考える日として提案された記念日である。4月22日のアースデイが広く知られているほか、それ以外の日のアースデイも存在する。

4月22日のアースデイ

ウィスコンシン州選出のアメリカ合衆国上院議員であったゲイロード・ネルソン(英語版)は、1970年4月22日に環境問題についての討論集会を開催することを呼びかけた。この呼びかけに呼応した人間の数は2000万人以上であったとも言われている。

この時、ネルソンがアメリカ合衆国内の活動の統括役として選び出したのが、当時スタンフォード大学の大学院生であったデニス・ヘイズである。ヘイズはガレット・デュベルを編集者として討論集会の為のハンドアウトを作成するなど、ネルソンの構想に協力して集会を成功に導いた。ヘイズはこれをきっかけとして大学を去り、アースデイの定着に力を注いだ。

その後、4月22日のアースデイ集会という運動形態は、全世界へ広まっていった。またアメリカでは、この行動によって、環境問題に対して人々の関心が払われるようになり、環境保護庁の設置や各種環境保護法が整備された。

1990年には米国、ソ連、中華人民共和国が協力してエベレストを登山するアースデイ20国際平和クライムが行われた。

日本においては、1990年から2000年までを一つの区切りとして、毎年4月を中心にアースデイに関連する催しや取り組みが続けられたが[5]、2001年以降もTOKYO FMとJFNの共同主催で行われている、「EARTH×HEART LIVE」など様々な解釈や形態のもと継続的に行われている。
引用元:アースデイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%82%A4