ロスコスモス


ロシア連邦宇宙局の愛称です
ロスコスモス(答)
52%

ロスコスモス(露: Государственная корпорация по космической деятельности “Роскосмос”、英: Roscosmos State Corporation for Space Activities)は、ロシア共和国における宇宙開発全般を担当する国営企業である。本部はモスクワ付近の町、スターシティに存在する。

ロスコスモス社の形態となったのは2016年からであり、元々はロシアの宇宙科学、航空工学などを担当していた宇宙開発機関のロシア連邦宇宙局(通称は同じくロスコスモス)と、ロシアの民間宇宙企業を統合して設立された国営企業統一ロケット・宇宙会社 (ORKK) に端を発している。[1] 人類初の人工衛星や有人宇宙飛行を成し遂げたソビエト連邦の宇宙開発を継承する組織である。
引用元:ロスコスモス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9

ロスコスモス(〈ロシア〉Roscosmos)

旧ソ連時代より続くロシアの宇宙開発を担う機関。1992年に前身となるロシア宇宙庁が設立され、1999年にロシア航空宇宙局、2004年にロシア連邦宇宙局に改組。2011年の米国のスペースシャトル退役以降は、世界の有人ロケット打ち上げを独占的に担った。ロシアの宇宙関連の民間企業と統合し、2016年に国営企業ロスコスモスが発足。本部はモスクワ近郊のスターシティー。
引用元:ロスコスモスとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9-1742504