ナリンギン


グレープフルーツや夏みかん
などの皮に多く含まれている
苦味の元となる物質は?
ンギリンナ
ナリンギン(答)
21%

ナリンギン (Naringin) はフラバノンの一種。ナリンゲニンのネオヘスペリドース配糖体で、シキミ酸経路で合成される。グレープフルーツやはっさくなどの果皮付近に多く含まれ、柑橘類の苦味や刺激感の元になっている。シトクロームP450の活性を阻害する作用があり、グレープフルーツジュースを薬と同時に服用してはいけない原因となっている。
引用元:ナリンギン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%83%B3