パーカー・ソーラー・プローブ


次の文字列を順に選んで
2018年8月に打ち上げられた
太陽の外部コロナを観測する
NASAの探査機の名前にしなさい
パーカー
ソーラー
プローブ
15%
Parker Solar Probe

パーカー・ソーラー・プローブ(Parker Solar Probe)は太陽の外部コロナの観測を計画している宇宙探査機[5]。太陽表面から8.86太陽半径(0.04天文単位、590万km)への到達が計画されている[5]。この計画は2009年度財政予算案に新規計画として追加・公表された。2008年5月1日、ジョンズ・ホプキンス大学応用物理研究所は2015年の打ち上げを目指して本機の設計と製造をおこなうと発表した[6]。その後、打上げ目標は2018年に延期され、8月12日午前3時31分(EDT)にケープ・カナベラルよりデルタ IV ヘビー10号機で打ち上げられた[7]。

この計画は2017年までソーラー・プローブ・プラス (Solar Probe Plus) と呼ばれていたが、同年5月に宇宙物理学者ユージン・ニューマン・パーカーを称えて現在の名前に改称された[8]。
引用元:パーカー・ソーラー・プローブ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%96

ユージン・ニューマン・パーカー(Eugene Newman Parker, 1927年6月10日 – )は、アメリカ合衆国の宇宙物理学者である。太陽の研究を行い、太陽の磁場を帯びた太陽風が、太陽の自転の影響でらせん状の磁場をつくるパーカー・スパイラル(Parker spiral)などに名前がつけられている。

ミシガン州立大学、カリフォルニア工科大学で学び、ユタ大学を経てシカゴ大学の教授となった。1950年代半ばの音速を越える太陽風の理論、パーカー・スパイラルの予測で有名である。1980年代に太陽コロナが太陽表面全体に発生する微小なフレアによって加熱されるという説を提案した。
引用元:ユージン・ニューマン・パーカー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC

太陽をめぐる謎
パーカー・ソーラー・プローブが挑むのは、約半世紀にわたって科学者を悩ませ続けてきた、太陽をめぐる大きく2つの謎の解明である。

太陽の表面(光球)の周囲には、厚さ数千kmの「彩層」と呼ばれる大気の層があり、さらにその外側には、高度数万kmもの高さにまで広がる、「コロナ」と呼ばれる大気がある。コロナは、皆既日食が起きたときに太陽の周囲で淡く輝いて見える部分としておなじみで、息を呑むほど美しく、日食観測の醍醐味のひとつでもある。

このコロナは、100万~200万℃もの猛烈な熱さをもっていることがわかっている。ところが、そのコロナを生み出している光球の温度は約6000℃しかなく、彩層も5000℃ほどと圧倒的に低い。。

太陽表面から数千kmも離れているのにもかかわらず、なぜコロナは太陽表面より100~300倍も高温になっているのか、そしてどのようなメカニズムでその高温が維持され続けているのか、長年の謎だった。

この太陽コロナ加熱問題をめぐっては、大きく2つの仮説が提唱されている。ひとつは「ナノフレア加熱説」と呼ばれるものである。太陽の表面で起こる「太陽フレア」という爆発現象のうち、とくに小さな爆発を「ナノフレア」と呼ぶ。ナノフレアは長年、実際に観測できた例はなく、理論上の存在だったが、昨年宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの国際研究グループが観測に成功している。

このナノフレアは、コロナ中にできた多数の「磁気リコネクション」という現象によって生じたエネルギーによって発生すると考えられている。そしてこのナノフレアによって、コロナが加熱されているのではないか、という仮説である。

もうひとつの説は「波動加熱説」と呼ばれるもので、太陽の表面から出ている磁場が揺すられることで、”波のエネルギー”として太陽表面からコロナにエネルギーが運ばれ、コロナの中で熱になっているのではないか、という仮説である。

現在までに、太陽観測衛星による観測や、スーパー・コンピューターを使ったシミュレーションなどで、両方の仮説ともそれを裏付けるような結果が出てきており、おそらくはどちらかが何割、もうどちらかが何割といった形で、複合的な原因で起きているのではと考えられている。

もうひとつの謎は、「太陽風」がどのように生み出されているのか、という問題である。前述したコロナは、その高い温度のため、水素原子は陽子と電子に分解。このような電気を帯びたガスをプラズマと呼び、秒速300~900kmという猛スピードで惑星間空間を吹いている。このガスの流れを太陽風と呼ぶ。

太陽風には、プラズマのほかに、ヘリウムや酸素、重イオンなども含まれる。さらに太陽風に含まれるプラズマは、太陽の磁力線を惑星間空間に引っぱり出しており、その流れは地球の周囲にまで届いている。

この太陽風が、どのように生み出されているのか、そしてどのようにして猛スピードで飛べるほどのエネルギーを得ているのかは、まだ完全にはわかっていない。
引用元:NASA、太陽探査機を打ち上げ – 史上初「太陽に触れる」ミッション (1) 「パーカー・ソーラー・プローブ」が挑む、太陽にまつわる2つの謎 | マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20180823-682491/

2018年夏、太陽のコロナを観測するための宇宙探査機である「パーカー・ソーラー・プローブ」が、これまでのどの探査機よりも太陽に近い8.86太陽半径(590万km)からコロナを観測するために打ち上げられます。太陽コロナの内側から粒子の動きを観察するために打ち上げられるパーカー・ソーラー・プローブですが、コロナ内部は想像できないほど熱く、華氏100万度(約56万℃)以上にもなると言われています。そんな過酷な環境で探査を行う必要があるパーカー・ソーラー・プローブは、なぜ溶けないのでしょうか。
引用元:太陽に超接近する探査機はなぜ熱で溶けないのか? – GIGAZINE https://gigazine.net/news/20180720-why-not-parker-solar-probe-melt/

probe
【自動】
〔探針などで〕探る
【他動】
〔探針などを使って〕~を探る[調べる・探査する]
~を徹底的[綿密]に調べる、~を精査する
【名】
宇宙探査機、無人宇宙船◆【同】space probe
〔手術などの道具の〕探針、プローブ
〔遠隔地や未知の領域の〕探査、調査
・Japan started a lunar probe plan. : 日本は月探査計画を開始しました。
〔違法行為などの〕捜査、査察
・The prosecutors started a probe into the accounting irregularities of the company. : 検察官はその会社の不正経理の捜査を開始しました。
レベル6、発音próub、カナプローブ、プロウブ、変化《動》probes | probing | probed
引用元:probeの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク https://eow.alc.co.jp/search?q=probe