TRUNCATE


テーブルから全ての行を
削除するSQL
TRUNCATE(答)
11%

TRUNCATE または TRUNCATE TABLE ステートメントは、テーブルから全ての行を削除するSQLである。データベースが持つ整合性を維持する機構をスキップすることで高速な削除を実現している場合が多い。削除する行それぞれを記録するためのトランザクションログの出力を避けることで、効率的に全ての行を削除できる。
引用元:TRUNCATE (SQL) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/TRUNCATE_(SQL)

SQL(エスキューエル[1][ˈɛs kjuː ˈɛl] ( 音声ファイル)、シークェル[1][ˈsiːkwəl] ( 音声ファイル)、シーケル[2])は、関係データベース管理システム (RDBMS) において、データの操作や定義を行うためのデータベース言語(問い合わせ言語)、ドメイン固有言語である。エドガー・F・コッドによって考案された関係データベースの関係モデルにおける演算体系である、関係代数と関係論理(関係計算)にある程度基づいている。 データベース言語の国際標準としてのSQLは何かの略語ではない[3]。

SQLは、シークェル [ˈsiːkwəl] と読まれることもある。これは、SQLの元となったデータベース言語が、IBMが開発したRDBMSの実験実装であるSystem Rの操作言語「SEQUEL (Structured English Query Language)」であったことが由来である。
引用元:SQL – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/SQL

truncate
【他動】
先[先端]を切り取る[断ち切る]
〔長い文章・文字列などを〕切り詰める
〔数を〕切り捨てる
発音《動》trʌ́ŋkeit 《形》trʌ́ŋkət、カナ《動》トランケイトゥ、《形》トランケットゥ、変化《動》truncates | truncating | truncated、分節trun・cate
引用元:truncateの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク https://eow.alc.co.jp/search?q=truncate