【大待宵草】ド・フリース【エンドウ豆】コレンス、チェルマク


次の植物学者を
メンデルの法則を再発見した際に
使用した植物ごとに
グループ分けしなさい

オオマツヨイグサエンドウマメ
コレンス
ド・フリース
チェルマク

メンデルの法則(メンデルのほうそく)は、遺伝学を誕生させるきっかけとなった法則であり、グレゴール・ヨハン・メンデルによって1865年に報告された。分離の法則、独立の法則、優性の法則の3つからなる。

メンデルの法則は、1900年、カール・エーリヒ・コレンス(Carl Correns、ドイツ)、エーリヒ・フォン・チェルマク(Erich von Tschermak、オーストリア)、ユーゴー・ド・フリース(Hugo de Vries、オランダ)の3人の独立した研究により再発見された。過去の文献を調べた結果、メンデルの論文が発見され、彼の仕事が再評価されることとなった。「メンデルの法則」という法則名は、コレンスによる命名である。メンデル自身は「法則」という名称を用いていない。その後、メンデルの法則は、減数分裂における染色体の挙動として明確に説明されるようになった(染色体説の項参照)。

現代的には、分離の法則は、染色体が減数分裂して対立遺伝子が2つに分かれることに対応し、一般的に成り立つ。独立の法則は、異なる染色体が独立に振る舞うことに対応し、2組の対立遺伝子が異なる染色体上にあるときに成り立つ。優性の法則は、両親から受け継いだ対立形質のうち、どちらか一方の形質のみが現れる現象(完全優性)だが、完全な優劣が現れるのはむしろ例外的だと考えられている[1]。現代のスタンダードな教科書では、分離と独立について「法則」と明記している場合でも、優性については「法則」としていないことが多い[2][3]。
引用元:メンデルの法則 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

コレンス
ドイツの植物遺伝学者。ミュンヘン大学卒。ミュンスター大学教授,カイザー・ウィルヘルム研究所長を歴任。トウモロコシやエンドウを用いて遺伝の実験を行い,1900年ド・フリース,チェルマックと同時にいわゆるメンデルの法則の再発見をした。
引用元:コレンスとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9-66948

エリック チェルマーク
Eric von Seysenegg Tschermak

1871.11.15 – 1962.10.11
オーストリアの遺伝学者,植物学者。
元・ウィーン農科大学教授。
ウィーン生まれ。
父は岩石学者のグスタフ・チェルマクで兄は生理学者のアルミン・チェルマクである。ウィーン大学などで学び、ハレ大学で学位を取得したが、国内では研究できるポストが得られず、1898年ベルギーのヘント付近の農場でエンドウを材料にした遺伝学の研究を始めた。1900年に「ドイツ植物学紀要」に「エンドウの人工交雑について」という題で論文を発表した。この論文はメンデルの遺伝法則を再発見したものであり、同年をもって遺伝学が確立されたとされる。同年ウィーン農科大学教授に就任した。
引用元:エリック チェルマークとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF+%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF-1625839

ド・フリース

オランダの植物生理学者,遺伝学者。ライデン大学その他で学び,アムステルダム大学教授。初め植物細胞の膨圧や浸透圧などを研究。のちオオマツヨイグサの実験観察の結果,突然変異説を発表した。またメンデルの法則を再発見(1900年)するなど遺伝学発展の基礎を築いた。〈原形質分離〉は彼の造語。
引用元:ド・フリースとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9-105697