ポロニウム



ロシアの化学者メンデレーエフが
その存在を予言した元素で
彼が「エカケイ素」と呼んだのは
ゲルマニウムですが

「エカテルル」と呼んだのは
◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
ポロニウム(答)
47%

「エカホウ素」と呼んだのは
◯◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
スカンジウム(答)

「エカアルミニウム」と
呼んだのは◯◯◯◯?
◯を答えなさい
ガリウム(答)

095ZbAAWMz
かつてエカマンガンと呼ばれた
のは現在で何と呼ばれる元素?
カタカナで答えなさい
テクネチウム(答)
42%

ですが
ドビマンガンと呼ばれた
のは現在は何と呼ばれる元素?
カタカナで答えなさい
レニウム(答)


存在を予言したメンデレーエフは「エカタンタル」と呼んでいた元素は◯◯◯アクチニウム? ◯を答えなさい
プロト(答)

名称元素名
エカホウ素ガリウム
エカアルミニウムスカンジウム
エカケイ素ゲルマニウム
エカマンガンテクネチウム
エカヨウ素アスタチン
エカセシウムフランシウム
エカフランシウムウンウンエンニウム
エカテルルポロニウム
エカタンタルプロトアクチニウム
ドビマンガンレニウム

引用元:テクネチウム「エカマンガン」レニウム「ドビマンガン」 https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/28361/

ポロニウム(英: polonium)は原子番号84の元素。元素記号は Po。漢字では釙。安定同位体は存在しない。第16族元素の一つ。銀白色の金属(半金属)。常温、常圧で安定な結晶構造は、単純立方晶 (α-Po)。36 °C以上で立方晶から菱面体晶 (β-Po) に構造相転移する。

歴史
1869年、周期表を発表したドミトリ・メンデレーエフは未発見の第84番元素が存在すると予言、テルルの一つ下に位置する元素であることから、サンスクリット語で「1」を意味する「エカ」をテルルにかぶせエカテルルと仮に名付けた。原子量を約212と予測している。
引用元:ポロニウム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0

エカ (eka) は、サンスクリットで 1 のこと。

元素の仮名
化学、物理学の分野では、未発見の元素の仮名にしばしば用いられる。元素名の頭に付けて、周期表でその元素の「一つ下」に収まるべき元素の仮名とする。

1870年、ドミトリー・メンデレーエフが周期表を発表する際に、ホウ素、アルミニウム、ケイ素、マンガンの下を「エカホウ素(ekaboron, Eb)」「エカアルミニウム(ekaaluminium, Ea)」「エカケイ素(ekasilicon, Es)」「エカマンガン(ekamanganese, Em)」とし、これらは未発見の元素であるとして性質を予言した。ほどなくガリウム、スカンジウム[1]、ゲルマニウムが発見され、それぞれエカアルミニウム、エカホウ素、エカケイ素の予言された性質と良く一致したことから、メンデレーエフの周期表は支持を集めた。(なおエカマンガンことテクネチウムは20世紀まで発見が遅れた)

以来、他の元素についてもメンデレーエフに倣って「エカ+上の元素」が仮名として用いられるようになった。「エカヨウ素」(アスタチン)、「エカセシウム」(フランシウム)は発見が遅かったため仮称としてよく使われていた。レニウムは一つ上のテクネチウムより先に発見されたため、さらに上にあるマンガンから「ドビマンガン(dvimanganese)」と仮称された。「ドビ」(dvi) はサンスクリット語の 2 である。

現在は未発見元素の仮名には元素の系統名を用いることになっているが、メンデレーエフ流の呼び方も未だに用いられることがある。例えばエカフランシウムと言えばウンウンエンニウムのことである。
引用元:エカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AB