二木 謙三ふたき けんぞう 駒込ピペットを考案 オストワルド式ピペット メスピペット ホールピペット 駒込ピペット ゴム部分「ちくび」

012WEQYHkkoxm
オストワルド
メス
ホール
駒込
フラスコ
試験官
ピペット(答)
ビーカー

CIMG8652LlVGxqDfxgXc
理科の実験などに用いる
「駒込ピペット」の
考案者としても知られる
日本の細菌学者は?
梅沢八夫
秦佐謙郎
二木龍三
→二木謙三

CIMG5581
スポイトに付いたこのゴムの部分の名前は?
(画像問題)
→ちくび

ピペット(pipette)とは、比較的少量の液体を必要なだけ吸い取り、計量や移動をさせるための科学実験機具の総称である。計量目盛りが付いていない移動専用の製品も多い。スポイトの類似品であるが、筐体には耐薬品性を重視したガラスや高密度ポリエチレンなどの素材が使用され、測定精度の高い形状が多い。そのため一般的なスポイトとしての利用も可能である。ただし筐体の素材や形状によっては吸入できない液体(腐食性や粘性の問題)も存在するため注意が必要である。
>駒込ピペットは二木謙三が考案した[1]。通常、ピペットのゴムキャップは取り替えることができるようになっている。
引用元: ピペット – Wikipedia.

二木 謙三(ふたき けんぞう、1873年(明治6年)1月10日 – 1966年(昭和41年)4月27日)は、日本の細菌学者、医師。 秋田県秋田市千秋明徳町、樋口順泰の二男として出生、二木家の養子となる。山口高等学校を経て、東京帝国大学医学部を卒業、東京市立駒込病院に勤務。1903年(明治36年)赤痢菌「駒込A、B菌」を分離する。
>元々謙虚な性格で、新型病原菌を発見しても、自分の名前を使用する事は一切考えなかった。コレラ竹内菌という名前も患者の名前を使用し、駒込A菌・B菌も実験道具で有名な駒込ピペットも勤めていた駒込病院から取ったものである。
引用元: 二木謙三 – Wikipedia.