メーラー・バーロー


生後6ヵ月以内の人工栄養児に
見られる、ビタミンCの欠乏に
よって起こる壊血病の一種を
◯◯◯◯◯◯◯◯◯病という?
ラメー・バーーロー
メーラー・バーロー(答)
34%

メーラーバーローびょう【メーラー=バーロー病 Möller‐Barlow’s disease】

ドイツの内科医メーラーJulius Otto Ludwig Möller(1819‐87)とイギリスの内科医バーローThomas Barlow(1845‐1945)とが記載した小児の壊血病,すなわちビタミンC欠乏症のこと。【藪田 敬次郎】
引用元:メーラー=バーロー病(メーラーバーローびょう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%3D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E7%97%85-1211075

壊血病(かいけつびょう、英: scurvy、独: Skorbut)は、出血性の障害が体内の各器官で生じる病気。成人と小児では多少症状が異なる。

原因と治療法
ビタミンCの欠乏によって生じる。ビタミンCは体内のタンパク質を構成するアミノ酸の1つであるヒドロキシプロリンの合成に必須であるため、これが欠乏すると組織間をつなぐコラーゲンや象牙質、骨の間充組織の生成と保持に障害を受ける。これがさらに血管等への損傷につながることが原因である。

ビタミンCの投与を行うことによって治療できる(正確には欠乏症による病気なので「発病しなくなる」)。

小児の症状
特に生後6カ月から12カ月の間に発生し、メレル・バロウ病とも呼ばれる。症状として次のようなものが挙げられる。

軟骨や骨境界部での出血、血腫
骨組織の形成不全
骨折や骨の変形
出血や壊死
歯の発生障害
引用元:壊血病 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%8A%E8%A1%80%E7%97%85