ホーグランド


水耕栽培を行う際に使われる
代表的な栄養溶液「?溶液」
ホーグランド(答)
52%
Dennis Robert Hoagland

ホーグランド溶液[ 英: Hoagland solution ]とは、1938年にデニス・ロバート・ホーグランド[ 英: Dennis Robert Hoagland ]とダニエル・イズラエル・アーノン[ 英: Daniel Israel Arnon ]によって開発され[1]、1950年にアーノンによって組成を改良された[2]水耕栽培用栄養溶液である。(少なくとも学術分野では)植物の生育に最も使用されている養液の1つである。ホーグランド溶液は窒素やカリウムを非常に高濃度で含むため、トマトやピーマンといった大型の植物の生育に適している。また、原液の1/4または1/5希釈溶液は、レタスや水生植物といった栄養要求性が低い植物の生育に利用する事ができる[3]。
引用元:ホーグランド溶液 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E6%BA%B6%E6%B6%B2

Dennis Robert Hoagland (April 2, 1884 – September 5, 1949) was a plant scientist working in the field of plant nutrition. He was Professor of Plant Nutrition at the University of California at Berkeley from 1927 until his death in 1949.,[1] and was a member of the National Academy of Sciences. He was known especially for his work on hydroponics and the Hoagland solution.[2]

A Hoagland hydroponic solution provides every nutrient necessary for plant growth being appropriate for the growth of a large variety of plant species. The solution described by Hoagland and Arnon in 1938 has been modified several times, notably with the addition of iron chelates.[4]
引用元:Dennis Robert Hoagland – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Dennis_Robert_Hoagland