ケープカナベラル


これまでに打ち上げられた
気象衛星ひまわりは
全て種子島宇宙センターから
打ち上げらた
×(答)
74%

ひまわりは、気象観測を行う日本の静止衛星・気象衛星の愛称である。1号から5号までの正式名称は静止気象衛星GMS (Geostationary Meteorological Satellite) 、6号と7号は運輸多目的衛星MTSAT (Multi-functional Transport Satellite) である。「ひまわり」は世界気象機関 (WMO) と国際科学会議 (ICSU) が共同で行なった地球大気観測計画 (GARP) の一環として計画されたもので、得られた気象情報を日本国内だけでなく、東アジア・太平洋地域の他国にも提供している。2015年7月7日より、ひまわり8号が気象観測を行っている[1]。また、ひまわり9号が、2022年から運用される見通しである。

ひまわりが登場するまでは、日本はアメリカのTIROS-N/NOAAの写真画像を購入していた。
引用元:ひまわり (気象衛星) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A_(%E6%B0%97%E8%B1%A1%E8%A1%9B%E6%98%9F)

ひまわり(英語: Geostationary Meteorogical Satellite、GMS)は気象庁と宇宙開発事業団(NASDA)が開発した静止気象衛星である。ひまわり2号を打ち上げて以後は「ひまわり1号」とも俗称される。

運用
1977年7月14日にデルタ2914ロケット132号機によってケープカナベラル空軍基地から打ち上げられた。その後、7月15日に第3遠地点でアポジキックモーターを噴射しドリフト軌道へ投入、7月18日に東経140度の赤道上空に静止された。
引用元:ひまわり (人工衛星) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A_(%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E8%A1%9B%E6%98%9F)