南アフリカ


星座の名前にもなっている
テーブル山がある国は
ナイジェリアである
×(答)
◯南アフリカ
61%

テーブルさん座 (テーブル山座、Mensa) は、南天の星座の1つ。現在、天の南極にあるはちぶんぎ座の次に南にある星座である。日本から見ることのできない星座の1つ。

88星座のうち、最輝星が最も暗い星座である (+5.09)。

由来と歴史
1756年にニコラ・ルイ・ド・ラカーユによって、南アフリカ・ケープタウンのテーブル山をモチーフに設定された。ラカーユは1751年から1752年にかけてケープタウンで初期の重要な観測を行っている[1]。

大マゼラン雲 (LMC) はこの星座とかじき座の境界線上にあり、大部分はかじき座に掛かっている。テーブルさん座に掛かる大マゼラン雲の姿は、実在のテーブル山に掛かる「テーブルクロス」と呼ばれる雲に喩えられている[1]。
引用元:テーブルさん座 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%81%95%E3%82%93%E5%BA%A7

テーブルマウンテン(英語: Table Mountain、アフリカーンス語: Tafelberg)あるいはテーブル山は、南アフリカ共和国西ケープ州のケープ半島北部にある山。約3kmに亘り山頂がほぼ平坦なことから名づけられた。
引用元:テーブルマウンテン (南アフリカ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3_(%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB)