ビール


腰椎麻酔法を開発した
ドイツの外科医の名前は
ウイスキーである
×(答)
◯ビール(答)
67%
August Bier

August Karl Gustav Bier (24 November 1861 – 12 March 1949) was a German surgeon. He was the first to perform spinal anesthesia[1] and intravenous regional anesthesia.[2][3][4] After professorships in Greifswald and Bonn, Bier became Geheimrat Professor of Surgery and Chief Surgeon at the Charité – Universitätsmedizin in Berlin.[5]
引用元:August Bier – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/August_Bier

ビール(August Karl Gustav Bier)
びーる
August Karl Gustav Bier
(1861―1949)

ドイツの外科医。腰椎(ようつい)(脊椎(せきつい))麻酔法を開発、その普及を図り、晩年は生命論に関心を寄せた。ヘルゼンに生まれ、ベルリン、ライプツィヒ、キールの各大学で学び、キール大学では外科のエスマルヒFriedrich von Esmarch(1823―1908)の指導を受けた。1899年グライフスワルト大学、1903年ボン大学、1907年ベルリン大学の外科教授を歴任。腰椎麻酔のほか、充血療法を開発した。[中川米造]
引用元:ビール(びーる)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB%28August+Karl+Gustav+Bier%29-1583933