皮剥


魚のカワハギは皮がはがしやすい
ことからカワハギと命名された
◯(答)
71%

032BWlGVcp
次のフグの皮の名前を
内側から順に選びなさい
さめかわ
みかわ
とおとうみ
「みかわ、とおとうみ、さめかわ」(答)
引用元:ふぐの皮内側から「みかわ」「とおとうみ」「さめかわ」 「あのりふぐ」三重県安乗(あのり)漁港天然トラフグ https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/24967/

「カワハギ」の名前の由来

「カワハギ」という名前は、皮がはぎやすいことから。また、皮をはいでから料理するところから付いた。学名は、頭の上の棘から「冠のような」という意味を持っている。体表がやすりのようにザラザラしているので、サメの仲間だと思われていたり、鮫肌の代わりに使われていたこともある。

秋から冬にかけては肝が大きくなり脂ものる。肝和えや酒蒸しにして美味。また、「ウマヅラハギ」はカワハギの仲間で、よくカワハギの代用品として煮つけやみりん干しにされる。刺身にしてもよいが、カワハギに比べるとやや臭みが強い。おちょぼ口で顔が長い。それが馬の顔を連想させることからウマヅラハギと呼ばれた。水から揚げてもかなりの間生きており、頭の上の棘を立てたりしながら、プギギィ、プギィーと鳴き音をたてる。
引用元:中津魚市(株) 魚で健康に! http://nakatsu-uoichi.co.jp/fish/name/backnumber/200910.html