クーズー、バンテン、ベイラ


次のうち、ウシ科の動物を
1つ選びなさい
サイレン サンショウウオ目サイレン科
バビルサ イノシシ科
デスマン モグラ科
クーズー(答)
ゾリラ イタチ科
バンテン(答)
スンクス トガリネズミ科
ベイラ(答)
47%

クーズー(Tragelaphus strepsiceros)は、哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科ブッシュバック属に分類される偶蹄類。原語発音により近いクードゥー (kudu) との表記もみられる[1]。

革はバッグなどに、角は楽器の材料などに使われ、ユダヤの角笛ショファーの主な原材料として用いられる(クーズー以外の角でもショファーの原材料になることはある)。南アフリカのサッカーファンが応援に吹き鳴らすことで有名になったブブゼラは、クーズーの角笛が起源とも言われている。現地では肉を食用にもするため、それらを目的にした密猟者が後を絶たない。

ジンバブエの国章のデザインには、2頭のクーズーが用いられている。2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会の記念コインにも、開催都市であるムプマランガ州の象徴としてクーズーが描かれている。

アメリカの刃物メーカー、コールドスチール(coldsteel)社の発売している折り畳みナイフの一つには、「Kudu」の商品名がつけられている。

アフリカでは極端に珍しい動物というわけではないが、日本の動物園では1頭も飼育されていないために、日本では知る人は少ない。
引用元:クーズー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BC

バンテン(Bos javanicus)は、ウシ科ウシ属に分類される偶蹄類。インドネシアをはじめとする東南アジアに広く分布する野牛である。

分布
インドネシア(ジャワ島、ボルネオ島)、カンボジア、タイ、マレーシア、ミャンマー、ラオス[1][2][3][4]に分布している。

オーストラリア北部にも移入され定着した[2][3]。
引用元:バンテン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3

ベイラ(Dorcatragus megalotis)は、ウシ科ベイラ属に分類される偶蹄類。本種のみでベイラ属を構成する。

分布
エチオピア、ジブチ南部、ソマリア北部[1][2][3][a 1]
引用元:ベイラ (動物) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%A9_(%E5%8B%95%E7%89%A9)