多島海、リアス式海岸、おぼれ谷


次のうち
土地が沈降することによって
できる地形を1つ選びなさい
多島海(答)
V字谷
三日月湖
リアス式海岸(答)
おぼれ谷(答)
海岸段丘
三角州
河岸段丘
47%

033binfborvpkg
次の地形のうち
流水の堆積作用によって
できるものを全て選びなさい
三角州(答)
三日月湖
扇状地(答)
河岸段丘
海岸段丘
V字谷
61%

154JQGaRPR
cimg2150iwwptdvcazqn
次の地形のうち
土地が沈降することによって
できるものを全て選びなさい
V字谷(答)
おぼれ谷(答)
三日月湖
河岸段丘
リアス式海岸(答)
多島海(答)
海岸段丘
三角州
引用元:堆積作用「三角州」「扇状地」 沈降「V字谷」「おぼれ谷」「リアス式海岸」「多島海」 https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/30573/

CIMG5863
次のうち、溶食地形を
全て選びなさい
ラピエ(答)石灰岩溝状微地形
バリアリーフ 沖サンゴ礁
プラヤ 砂漠の粘土平野
カレンフェルト(答)石灰岩石柱

CIMG4911
静岡県の堂ヶ島などに見られる
海底の砂が流れに運ばれ水面上に
現れた、離れ小島を本土に結ぶ
砂州を何という?
ボーイロン
ラコムルト
トンボロ(答)
「陸繋砂州」

多島海(たとうかい)は、一定の範囲に多くの島々が点在する海域のこと。

アーキペラゴ(英: archipelago)に対する訳として用いられることがあるが、archipelago には「多数の島からなる海域」(多島海)を指す用法と、「多数の島嶼」(諸島・列島・群島)を指す用法の双方が存在する。[1]

地理
土地が沈降するなどして、海水が陸地に浸入してできた複雑な海岸地形を沈水海岸という。この沈水海岸において、更に沈降が進んだり、海面が上昇したりすると、かつての山の頂上部分だけが海面に頭を出し、多くの島ができる。このようにして多くの島々ができた海域を多島海という。ギリシアのエーゲ海をはじめ、地球上には多くの多島海が存在する。

多島海で構成された国としては、インドネシア、日本、フィリピン、ニュージーランド、イギリスがあげられる。そのうち最大の多島海がインドネシアである[2]。

島嶼部性(海岸線の距離を陸地の面積で割ったもの)の観点からは、7000以上の島からなるフィリピンが島嶼部性1位で、次いで6000以上の島からなる日本が2位である(島嶼参照)。

また、狭い地域に集中する2つ以上の島嶼の集まりを島嶼群、島嶼群の集まり、もしくは大規模な島嶼群を諸島、諸島のうち列状に並ぶものは列島、塊状の形状をなすものは群島と呼ばれる。
引用元:多島海 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E5%B3%B6%E6%B5%B7

リアス式海岸
りあすしきかいがん

丘陵性ないし山地性の地域において、陸上侵食によって形成された谷が、海面の上昇あるいは地盤の下降のため沈水してできた海岸。海岸線は湾が連なり、出入りに富んでいる。氷食を受けて形成されたフィヨルドとは成因が違う。また、フィヨルドほど水深が深くない。リアスriasは、スペイン北西のガリシア地方、アストリア地方の山地に発達する細長い入り江の名称リアriaおよびリアの多い地方(Costa de Rias Altas)の名称に由来する。
 日本にはリアス式海岸が多数存在するが、代表的な地形は、東北地方の三陸海岸、四国西岸、九州北西岸、若狭(わかさ)湾(福井県)などである。リアス式海岸の湾頭には、漁港、商港が開け、古くから人々は海洋とかかわってきた。リアス式海岸は、単にリアス海岸ということも多い。[豊島吉則]
引用元:リアス式海岸(リアスシキカイガン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%B9%E5%BC%8F%E6%B5%B7%E5%B2%B8-657040

溺れ谷
おぼれだに
drowned valley

陸上の谷が地盤の沈降運動や海面の上昇によって海面下に沈み,海水が浸入してできた地形。深く刻まれた谷が海底に沈んだ場合,溺れ谷の延長にあたる海底にもとの谷が海谷となって残ることがある。
引用元:溺れ谷(おぼれだに)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%BA%BA%E3%82%8C%E8%B0%B7-41211