ラカトシュ


ハンガリーの科学者の名に因む
科学哲学の賞は◯◯◯◯◯賞?
ラカトシュ(答)
11%
Lakatos Award

ラカトシュ賞(Lakatos Award)は、科学哲学の分野の優れた貢献に対して与えられる賞。年1度、過去6年間に出版された英語書籍から選出される。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの教授を務めていたハンガリー出身の科学哲学者ラカトシュ・イムレを記念するため設立された。運営母体になっているのはギリシャの海運業者で慈善家として知られるイアニス・ラトシス(英語版)が設立したラトシス基金である。
引用元:ラカトシュ賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%AB%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A5%E8%B3%9E

ラカトシュ・イムレ(Lakatos Imre、1922年11月9日 – 1974年2月2日)は、ハンガリーの数学哲学者、科学哲学者。数学の可謬性と、数学の発展の前公理的段階における「証明と論駁の方法論」についての論文で知られる。彼の科学の研究計画における概念である「リサーチプログラム」の概念を紹介したことでも有名。
引用元:ラカトシュ・イムレ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%AB%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%AC

ラカトシュ【Imre Lakatos】
1922‐74
ハンガリー生れのイギリスの科学哲学者。ユダヤ系で,第2次大戦中は反ナチ運動に身を投じ,戦後文部行政にあったが,反スターリン主義を掲げて西側に亡命,K.ポパーの知遇を得て,イギリスでポパーの後任として,ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの教授となった。哲学的立場もポパーの後継者をもって任じ,論理学,数学の問題への関心から,ポパー的反証理論を使った《数学的発見の論理》を発表。その後同世代のT.S.クーン,P.K.ファイヤアーベントら新しい科学史,科学哲学の潮流に抗して,ポパーの反証理論と合理主義を守るべく,科学研究プログラム論を展開し,精緻(せいち)化した反証主義sophisticated falsificationismの立場をとったが,精力的な活動の最中に,51歳の若さで急死した。
引用元:ラカトシュとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%A9%E3%82%AB%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A5-655804