マエナルス山座 ヘベリウスが設定「メナロ山」由来 88星座「ポンプ座」「テーブルさん座」「コンパス座」「カメレオン座」「きりん座」

030IcemqsYwAj
ポーランドの天文学者
ヘベリウスが設定している
ギリシャの山の名がついた
現在は使われていない星座は?
ル山エマナ座ス
マエナルス(答)
「マエナルス山座」

062WLwTTWqEnj
CIMG5992
CIMG1067TkAuyRWzghFn
次の星座を現在の88星座に
含まれるものと含まれないものに
グループ分けしなさい

含まれる含まれない
マエナルスさん座
ポンプ座
テーブルさん座
ねこ座
となかい座
コンパス座
七面鳥座
インディアン座
カメレオン座
きりん座

線結び
次の星座とそれを設定した天文学者の正しい組み合わせを選びなさい
きりん座───バルチウス
やまねこ座───ヘベリウス
くじゃく座───バイエル

いっかくじゅう座───バルチウス
りゅう座───プトレマイオス
ほうおう座───バイエル

星座の一覧 一覧表あり
引用元: 星座の一覧 – Wikipedia.

マエナルスさん座(マエナルスさんざ、マエナルス山座、Mons Maenalus)[1]は、ヨハネス・ヘヴェリウスが作った星座の1つ[2][3]。現在は使われておらず、うしかい座の一部となっている。
1687年にヘヴェリウスによってうしかい座の足元に設けられた。ペロポネソス半島のメナロ山(英語: Mainalo) (ラテン語でMænalus) をモチーフにした星座で、牛飼いが山頂に立つ形になっていた[2]。知名度が低く、ほとんど使われなかった。
引用元: マエナルスさん座 – Wikipedia.

ヨハネス・ヘヴェリウス(ラテン語:Johannes Hevelius、ポーランド語:Jan Heweliusz、ドイツ語:Johannes Hewel、1611年1月28日 – 1687年1月28日)は、ポーランドの天文学者。月の地形学の創始者とされる。
>こぎつね座、こじし座、たて座、とかげ座、やまねこ座、ろくぶんぎ座、りょうけん座、ケルベルス座 (Cerberus)、しょうさんかく座 (Triangulum Minor)、マエナルスさん座 (Maenalus Mons) という10個の星座を設定したが、これらのうち、先の7つは現在も使われている(ケルベルス座以下、後の3つは廃された)。
>こぎつね座、こじし座、たて座、とかげ座、やまねこ座、ろくぶんぎ座、りょうけん座、ケルベルス座 (Cerberus)、しょうさんかく座 (Triangulum Minor)、マエナルスさん座 (Maenalus Mons) という10個の星座を設定したが、これらのうち、先の7つは現在も使われている(ケルベルス座以下、後の3つは廃された)。
引用元: ヨハネス・ヘヴェリウス – Wikipedia.

アルカディア県(Περιφερειακή ενότητα Αρκαδίας)は、ギリシャ共和国のペロポネソス地方を構成する行政区(ペリフェリアキ・エノティタ)のひとつ。県都のトリポリは、ペロポネソス地方の首府でもある。
県名となっているアルカディア(ギリシア語: Αρκαδία / Arkadía、英語: Arcadia)は、ペロポネソス半島中心部の高原地帯を指す地方名で、古来「理想郷」として伝承され、多くの絵画や文学作品に描かれた。
>県の北部、アハイア県・コリンティア県との境界には、エリマントス (Mount Erymanthos) やキリニ (Mount Cyllene) の山並みが横たわっている。アロアニア山 (Aroania (mountain)) の大部分はアルカディア県側に属する。県都トリポリの約29km北西に位置するメナロ山 (Mainalo) は、スキー場で有名である。
引用元: アルカディア県 – Wikipedia.