ナオス


ギリシア語で「船」という
意味の名を持つ、とも座で
一番明るい星は?
ナダル
ミモス
ヌンザ
ナオス(答)
27%

052dAhslrQOgR
アラビア語で「フェニックス」を
意味することばに由来する
ほうおう座のアルファ星は?
シーマ
ハマカ
アンム
アンカ(答)

470oDjAfIpTSe
南斗六星で一番明るい、「海の
しるし」という意味のなを持つ
いて座のσ星は?
ヌモザ
ハオス
ナダキ
ヌンキ(答)
引用元:「アンカ」ほうおう座α星「ゲンマ」(アルフェッカ)かんむり座α星「ヌンキ」いて座のα星「ハダル」ケンタウルス座β星「ミモザ」みなみじゅうじ座β星ベクルックス https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/13279/

とも座ζ星は、とも座で一番明るい恒星で2等星。肉眼で色を識別できる程度に明るい恒星の中では最も青く見える[7][注 3]。

日本ではあまり高く昇らず、南中高度は東京で約14度、そのため本来は明るい2等星だが、それよりは暗く見え[8]、同様にレイリー散乱により、青みも少なく見える。

名称
学名はζ Puppis(略称はζ Pup)。固有名ナオス[2] (Naos[3][4]) はギリシア語で「船」を意味する言葉 ναύς に由来する[3]。2016年8月21日に国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Naos をとも座ζ星の固有名として正式に承認した[4]。
引用元:とも座ゼータ星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%82%82%E5%BA%A7%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%BF%E6%98%9F

とも座(ともざ、艫座、Puppis)は、南天の星座の1つ。日本では南の低い空にしか上ってこない星座で、東北北部より北の地域ではこの星座の全域を見ることはできない。

恒星
「とも座の恒星の一覧」も参照
以下の恒星には、国際天文学連合によって正式な固有名が定められている。

ζ星:ナオス (Naos) は、とも座で最も明るい恒星で、唯一の2等星[1]。肉眼で見える中では、特に青く見える恒星の1つ[1]。
ρ星:トゥレイス (Tureis) は、たて座δ型変光星として有名。
引用元:とも座 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%82%82%E5%BA%A7