フィルヒョー


白血病を初めて報告した
ドイツの病理学者
フィルヒョー(答)
50%
Rudolf Ludwig Carl Virchow

ルードルフ・ルートヴィヒ・カール・フィルヒョウ(Rudolf Ludwig Karl Virchow、発音[ˈvirço] / [ˈfirço][1]、1821年10月13日 – 1902年9月5日)はドイツ人の医師、病理学者、先史学者、生物学者、政治家。白血病の発見者として知られる。姓は「ウィルヒョー」「ヴィルヒョー」などと表記することもある。

彼の法則でもっとも有名な物は「全ての細胞は細胞から生じる」という物である。(ラテン語のモットー、”omnis cellula e cellula”として知られている。)これは、全ての生命でなく、特定の細胞やその細胞のグループしか病気にならないという彼の発見とつながる。彼は細胞病理学、比較病理学(人間と動物に共通する疾患の比較)、人類学の基礎を作った。また、彼の死後になって確立された、静脈血栓症の形成に関する三つの要因(血管の障害・血流の鬱滞・血液性状の変化)は、彼の名を冠して「ウィルヒョーの3要素」(3徴、3原則、3条件などとも、Virchow’s triad)と呼ばれている[2]。

晩年は保守化し、ベルリンで「病理学の法王」として君臨した。ことに、センメルヴェイス・イグナーツ(ゼンメルワイス)の消毒法(産褥熱の研究)に対する、初期の反対者の一人でもあった。当時最大の病理学者であるフィルヒョーの反対は影響力が大きく、センメルヴェイスがウィーンからハンガリーへ去る原因の一つを作ったと思われる(その後、センメルヴェイスは自身の学説が受け入れられないまま、悲惨な死を遂げた)。

彼はまた「医療はすべて政治であり、政治とは大規模な医療にほかならない」[3]と宣言し、公衆衛生の改善を強く訴え、ベルリンに近代的な上・下水道を作るために政治家として働いた(ベルリン市議会議員(1859年 – 1902年)、プロイセン王国下院議員(1862年 – 1902年)、ライヒ議会(ドイツ帝国議会)議員(1880年 – 1893年))。リベラル政党進歩党の共同創設者兼メンバーとして、ビスマルクの政治的な敵対者であった。

1869年、彼は人類学、民俗学、先史学の学会を設立した。このことは、ドイツの考古学調査を調整し、発達させることに非常に役立った。

1884年、彼はロンドン王立協会の外国人会員に選出され、1892年には王立協会よりコプリ・メダルを授与された[4]。

1902年9月25日、ベルリンで死去。80歳没。
引用元:ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・フィルヒョウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%92%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%92%E3%83%A7%E3%82%A6

フィルヒョー

ウィルヒョウとも。ドイツの病理学者,政治家。ベルリン軍医学校卒。ビュルツブルク大学等を経てベルリン大学教授。病気を細胞段階で追求する細胞病理学を提唱。さらに細胞は細胞からのみ生ずることを強調し,細胞説の発展にも寄与した。著書に《細胞病理学》。また中央党の国会議員として文化闘争でビスマルクを攻撃,のち進歩党を創立,党首(1880年―1893年)。さらに人類学者としても活躍した。
引用元:フィルヒョーとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%92%E3%83%A7%E3%83%BC-122849