塩基


DNAの構成するヌクレオチドは
デオキシリボース、リン酸、◯◯
が1つずつ組み合わさっている?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
えんき(答)
24%


イギリスの科学者
核酸の塩基配列の解明
インシュリンの構造に関する研究
ノーベル化学賞を2度受賞
ソディ
サンガー(答)
ポランニー
ソルベー


イギリスの化学者
1921年にノーベル化学賞を受賞
アイソトープの命名者
アルファ崩壊・ベータ崩壊を発見
ソディ(答)

連想
ハンガリー出身の化学者
息子はノーベル物理学賞の受賞者
兄は有名な経済人類学者
暗黙知・層の理論等の概念を提唱
ポランニー(答)

連想
ベルギーの化学者
政治家としても活動
物理に関する国際会議に名を残す
無水炭酸ナトリウムの製造法
ソルベー(答)

008kKmavOJ
リボソーム上でメッセンジャー
RNAの塩基配列情報に従って
アミノ酸を重合し、タンパク質が
作られる過程のことを何という?
蒸製
転着
複訳
翻訳(答)

RztoQuj
引用元:セントラルドグマ|研究用語辞典|研究.net http://www.kenq.net/dic/64.html
引用元:セントラルドグマ 「翻訳(mRNA→蛋白質)」RNAの塩基配列を元にタンパク質を合成 「転写(DNA→mRNA」DNA塩基配列をRNAへコピー 「複製(DNA→DNA)」DNAからDNAを作成 https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/22633/

CIMG6087
ピリミジン-2,4(1H,3H)-ジオン
ピリミジン塩基
DNAにはほとんど存在しない
アデニンと塩基対を作る
シトシン
チミン
ウラシル(答)
アデニン

連想
4-アミノピリミジン-2(1H)-オン
ピリミジン塩基
DNAにもRNAにも存在
グアニンと塩基対を作る
シトシン(答)

連想
6-アミノ-9H-プリン
プリン塩基
DNAにもRNAにも存在
アデノシン三リン酸の構成要素
アデニン(答)

連想
別名は「5-メチルウラシル」
ピリミジン塩基
RNAにはほとんど存在しない
アデニンと塩基対を作る
チミン(答)

連想
別名「2-アミノヒポキサンチン」
プリン塩基
DNAにもRNAにも存在
シトシンと塩基対を作る
グアニン(答)
引用元:SI基本単位数「7」 必須アミノ酸数「9」『風呂場椅子独り占め』 最小半素数(2つの素数の積)「4」 「ウラシル」ピリミジン-2,4(1H,3H)-ジオン DNAにはほぼない https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/19705/

ヌクレオチド
nucleotide

塩基+糖+リン酸の構造をもつ化合物。核酸を構成する構造単位であり,また遊離の形で細胞質にあるヌクレオチドは,エネルギー代謝や物質の中間代謝で役割を果す。塩基はプリンおよびピリミジン塩基で,糖はリボースとデオキシリボースの2種があるが,まれにリビトールのような多価アルコールのものなど,例外もある。核酸塩基,糖,リン酸が1個ずつ結合したものはモノヌクレオチドで,遊離のものとしてアデノシン一リン酸,グアノシン一リン酸などがある。リン酸基が2個以上結合したものはアデノシン二リン酸,アデノシン三リン酸などと呼ぶ。モノヌクレオチド2個がリン酸基部分で結合し合ったジヌクレオチドとしてはNAD,FADなどの酸化還元補酵素がある。2分子以上のモノヌクレオチドが規則的に重合したものをオリゴヌクレオチド,非常に多くのモノヌクレオチドが重合して高分子化合物となったものをポリヌクレオチドという。核酸はポリヌクレオチドである。
引用元:ヌクレオチドとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%8C%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%81%E3%83%89-110950