オトシンクルス


アクアリウムで水槽のコケの
対策として飼われることが多い
ロリカリア科のナマズの仲間は?
シオンスルントク
オトシンクルス(答)
22%

オトシンクルス (Otocinclus) は、ナマズ目ロリカリア科ヒポプトポマ亜科に分類される魚の総称。

概要
全長は3cmから10cm程度の小型。瞳孔の形が変化する種と、丸いままの種が存在する。アマゾン川を中心に南米の河川に広く分布している。商業的にオトシンクルスと言う場合はOtocinclus vittatusおよびその近縁種を指す事が多い。他のオトシンクルスと区別するため『並オトシン』とも呼ばれる。

ヒソノトゥス属、模様のバリエーションの豊富なパロトシンクルス属、より小型になるナノプトポマ属などが存在する。これらの複数の属にまたがった魚がオトシンクルスの仲間として認識されている。アクアリウムにおいては水槽内コケを取るための魚として利用される。性格は非常に温和。ただし、食生の項で述べているように飼育はそれほど簡単ではない。
引用元:オトシンクルス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%B9