レッペ反応


加圧下でアセチレンを
他の材料と反応させ、様々な
化合物を生み出す反応は?
レッペ反応(答)
アッペル反応
リード反応
ソープ反応
48%

056zpwSYBh
次の化合物を、燃焼熱が
大きい順に選びなさい
アセチレン
エチレン
メタン
引用元:高燃焼熱順「アセチレン」「エチレン」「メタン」? https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/27264/

レッペ反応 (Reppe reaction) とは高圧アセチレンを原料とした種々の有用な化合物を合成する反応。一連の反応を合わせて レッペ合成 と呼ぶ。

ドイツのヴァルター・レッペらが1930年代から40年代にかけて発展させた。ビニル化、エチニル化、環化重合、カルボニル化の四つに大別される。

これらの反応は、合成樹脂・ゴム・繊維の原料製造に重要な役割を果たしている。
引用元:レッペ反応 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%9A%E5%8F%8D%E5%BF%9C

レッペ反応
れっぺはんのう
Reppe reaction
アセチレンを原料として適当な触媒を用い、主として高圧下で種々の有用な化合物を合成する反応。ドイツのレッペらが1930年代から1940年代にかけて発展させた。ビニル化、エチニル化、環化重合、カルボニル化の四つに大別される(図)。これらの反応は、第二次世界大戦後の化学工業に重要な貢献をした。[湯川泰秀・廣田 穰]

引用元:レッペ反応(レッペはんのう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%9A%E5%8F%8D%E5%BF%9C-151766