ルナ9号


1966年に史上初の月面軟着陸に
成功した旧ソ連の月探査機は
ルナ◯号? ◯を答えなさい
9(答)
40%


次のソ連の宇宙開発で
打ち上げられた宇宙船と
達成した業績の
正しい組み合わせを選びなさい
ルナ2号───世界初の月面衝突
ルナ1号───世界初の人工惑星
ルナ3号───世界初の月裏側撮影
ルナ9号───世界初の月面軟着陸

ルナ計画(ルナけいかく、露:Программа Луна)は、ソビエト連邦の無人月探査計画である。1959年から1976年までの間に、ルナ1号からルナ24号までを月に送った。他に19機の打ち上げ失敗機もあるので、ソ連は1958年から1976年の間に、ゾンド計画を除いて合計43機の月探査機を打ち上げたことになる。

当初、宇宙開発競争においてアメリカ合衆国の一歩先を進んでいたソビエト連邦は、この計画によって月探査計画でも米国に先んじることとなった。米国は、ルナ2号の月面到達やルナ9号の月面着陸によって、非常に危機感を覚えたという。しかしアポロ計画の成功によって立場は逆転した。

また、ルナ計画の15号以降は、1975年に予定されていた(当初予定は1970年後半)全自動操縦による有人月面着陸「ソユーズL3計画」の下準備であった。

ルナ探査機の功績
ルナ1号:1959年1月2日、月近傍を通過。世界初の人工惑星になる。
ルナ2号:1959年9月4日、「晴れの海」に命中。月に初めて人工物を送り込む。
ルナ3号:1959年10月7日、世界で初めて月の裏側を撮影。
ルナ9号:1966年2月3日、世界初の月面軟着陸。着陸地点は「嵐の大洋」。
ルナ10号:1966年4月3日、世界で初めて月の人工衛星になる。
ルナ16号:1970年9月20日、「豊かの海」に軟着陸。岩石の標本を採取後、9月24日無事に帰還。
ルナ17号:1970年11月17日、「雨の海」に軟着陸し、世界初の月面車ルノホート1号が活動する。
ルナ24号:1976年8月18日、「危機の海」に着陸し標本を地球へ送る。ルナ計画最後のミッション。
引用元:ルナ計画 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8A%E8%A8%88%E7%94%BB