マックス・ボルン 「波動関数の確率解釈」 1954ノーベル物理学賞

011YrLFZFyIAd
ドイツ出身の物理学者
1954年にノーベル物理学賞を受賞
量子力学の分野で活躍
波動関数の確率解釈を提唱
プランク
ボーア
マックス・ボルン(答)
シュレーディンガー

CIMG6081
マンハッタン計画に参加
1938年にノーベル物理学賞を受賞
原子番号100の元素
イタリア出身の物理学者
エルステッド
シュレーディンガー
ボーア
フェルミ(答)


マンハッタン計画に参加
デンマーク出身の物理学者
イギリスの化学者トムソンに師事
量子力学を確立
→ボーア

連想
1933年にノーベル物理学賞を受賞
オーストリア出身の物理学者
波動力学の創始者
猫のパラドックス
→シュレーディンガー

タイピング
量子力学の解釈の1つでボーア研究所によって提唱されたのは「◯◯◯◯◯◯◯解釈」
→コペンハーゲン

ですが プリンストン大学の大学院生によって提唱されたのは「◯◯◯◯◯◯◯の多世界解釈」? ○を答えなさい
→エヴェレット

マックス・ボルン(Max Born、1882年12月11日 – 1970年1月5日)は、ドイツ生まれのイギリスの理論物理学者。量子力学の初期における立役者の一人である。1954年ノーベル物理学賞を受賞。
>1926年量子力学の確率解釈(統計的解釈)を発表。ロバート・オッペンハイマーと共に、「ボルン-オッペンハイマー近似」(ボルン近似とも)と呼ばれる近似法を編み出す。
>孫の一人に歌手のオリヴィア・ニュートン・ジョンがいる。

コペンハーゲン解釈(コペンハーゲンかいしゃく)は、量子力学の解釈の一つである。
量子力学の状態は、いくつかの異なる状態の重ね合わせで表現される。このことを、どちらの状態であるとも言及できないと解釈し、観測すると観測値に対応する状態に変化する(波束の収縮(英語版)が起こる)と解釈する。
「コペンハーゲン解釈」という名称は、デンマークの首都コペンハーゲンにあるボーア研究所から発信されたことに由来する。
引用元: コペンハーゲン解釈 – Wikipedia.

ニールス・ヘンリク・ダヴィド・ボーア(デンマーク語: Niels Henrik David Bohr[1]、1885年10月7日 – 1962年11月18日)は、デンマークの理論物理学者[2]。量子論の育ての親として、前期量子論の展開を指導、量子力学の確立に大いに貢献した。
引用元: ニールス・ボーア – Wikipedia.

マックス・カール・エルンスト・ルートヴィヒ・プランク(Max Karl Ernst Ludwig Planck, 1858年4月23日 – 1947年10月4日)はドイツの物理学者で量子論の創始者の一人である。「量子論の父」とも呼ばれている。科学の方法論に関して、エルンスト・マッハらの実証主義に対し、実在論的立場から激しい論争を繰り広げた。1918年にノーベル物理学賞を受賞。
引用元: マックス・プランク – Wikipedia.

エルヴィーン・ルードルフ・ヨーゼフ・アレクサンダー・シュレーディンガー(オーストリア語:Erwin Rudolf Josef Alexander Schrödinger、1887年8月12日 – 1961年1月4日)は、オーストリア=ハンガリー帝国ウィーン出身の理論物理学者。
1926年に波動形式の量子力学である「波動力学」を提唱。次いで量子力学の基本方程式であるシュレーディンガー方程式や、1935年にはシュレーディンガーの猫などを提唱し、量子力学の発展を築き上げたとして名高い[3]。
1933年にイギリスの理論物理学者ポール・ディラックと共に「新形式の原子理論の発見」の業績によりノーベル物理学賞を受賞[1][3]。
引用元: エルヴィン・シュレーディンガー – Wikipedia.

そうした論争の後、1927年にハイゼンベルクの不確定性原理、ボーアの相補性原理が提案されます。いわゆるコペンハーゲン解釈です。
 シュレーディンガーの波動関数では、電子は空間に広がった波だと解釈できますが、電子がみせる粒子的な振る舞いを説明できませんでした。そこで、ドイツ生まれの数理物理学者のマックス・ボルン(1882~1970)が、「個々の電子は、個別の粒子として古典的に振る舞うが、全体として集めてみると、ある統計的な分布をもって広がる」という統計的解釈を提出します。
 そうではない、というのがコペンハーゲン解釈です。電子が多数でなくても、電子1個でも、波のような干渉が起こるので、電子1個についても、そもそも振る舞いの中に確率的な要素が入り込んでいる、確率的な法則によって支配されているという解釈です。現在ではボルンの解釈は正しくないといわれています。
引用元: ゑれきてる~特集3.量子力学の確立.

次のボーア家出身の
科学者と、その説明の
正しい組み合わせを選びなさい
ニールス・ボーア───異称は「量子力学の父」
クリスチャン・ボーア───医学者でボーア効果を発見
オーゲ・ボーア───1975年ノーベル物理学賞
引用元: ボーア家の人物と説明 クリスチャン・ボーア「ボーア効果を発見した医学者」ニールス・ボーア「量子力学へ貢献」オーゲ・ボーア「ニールス・ボーアの息子」「1975ノーベル物理学賞・核物理学分野」 | わかればいいのに I wish I knew.