オケラ


八坂神社の祭礼でもおなじみの
キク科の植物です

オケラ(答)
54%

034GhezSxZKPN
次の京都の伝統行事を
1年で早く行われる
順に選びなさい
(画像選択肢)
C葵祭 5/15
D祇園祭 7/14 7/21
A五山送り火(大文字焼き) 8/16
B時代祭 10/15

IMG_0440XRmuDGZgtvei
それに写されている京都の祭の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
Aの画像 平安貴族の画像(葵祭)───下鴨神社
Bの画像 山鉾巡行の画像(祇園祭)───八坂神社
Cの画像 時代行列の画像(時代祭)───平安神宮

096YicNtTrhAE
毎年7月31日に、京都のこの祭の
最後として行われる神事は?
(画像出題)
越夏祭社疫神
疫神社夏越祭(答)
えきじんじゃなごしさい
引用元:京都の伝統行事「葵祭」「斎王代」賀茂御祖神社(下鴨神社) 「祇園祭」「八坂神社」「疫神社夏越祭」「7月17日山鉾巡行」 「五山の送り火」 「時代祭」「平安神宮」 https://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/9733/

028zfPCMlR
次のうち、やなせたかし作詞の
唱歌『手のひらを太陽に』の
歌詞に登場する単語を
全て選びなさい
イナゴ(答)
カゲロウ(答)
モグラ
35%
CIMG7138jfIZSJgdYAjd
次のうち、やなせたかし作詞の
唱歌『手のひらを太陽に』の
歌詞に登場する単語を
全て選びなさい
ヤモリ
カエル(答)
トンボ(答)

ミミズ(答)
オケラ(答)
アメンボ(答)
トンボ(答)
カエル(答)
ミツバチ(答)
スズメ(答)
イナゴ(答)
カゲロウ(答)
ヘビ
ゲンゴロウ
モグラ
引用元:『手のひらを太陽に』「ミミズ」「オケラ」「アメンボ」「トンボ」「カエル」「ミツバチ」「スズメ」「イナゴ」「カゲロウ」 「竜蝨」ゲンゴロウ「鼓豆虫」ミズスマシ「水黽」アメンボ https://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/8357/

オケラ(朮、Atractylodes japonica)はキク科オケラ属の多年草。近縁種とともに生薬として用いられる。また若芽を山菜として食用にもする。昔はウケラと呼ばれていた。

人間との関わり
8世紀に編まれた『万葉集』に、武蔵野の「うけら」の花を詠んだ歌がある[2]。

刻んで焚くと、疫病よけになると信じられた[1]。京都八坂神社では、正月に白朮を焚く白朮祭(をけらさい)が行われる。
引用元:オケラ (植物) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B1%E3%83%A9_(%E6%A4%8D%E7%89%A9)

白朮祭(おけらさい、をけらさい)とは、京都市東山区にある八坂神社において元日1月1日午前5時から行われる一年の安泰を祈る神事である。古くは「祇園削掛神事(ぎおんけずりかけのしんじ)」と称した。 白朮はオケラ (植物)のことで、その根を燃やしたことから呼ばれる。
引用元:白朮祭 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E6%9C%AE%E7%A5%AD