ローウェル


アメリカの天文学者
実業家として日本に滞在
著書『能登』『朝鮮』
冥王星の存在を予言
オルバース
ハッブル
ローウェル(答)
ピアッツィ
40%

パーシヴァル・ローウェル(Percival Lowell, 1855年3月13日 – 1916年11月12日)は、アメリカ合衆国ボストン生まれの天文学者であり、日本研究者。

略歴
ボストンの大富豪の息子として生まれ、ハーバード大学で物理や数学を学んだ。もとは実業家であったが、数学の才能があり、火星に興味を持って天文学者に転じた。当時屈折望遠鏡の技術が発達した上に、火星の二つの衛星が発見されるなど火星観測熱が当時高まっていた流れもあった。私財を投じてローウェル天文台を建設、火星の研究に打ち込んだ。火星人の存在を唱え、1895年の「Mars」(「火星」)など火星に関する著書も多い。「火星」には、黒い小さな円同士を接続する幾何学的な運河を描いた観測結果が掲載されている。運河の一部は二重線(平行線)からなっていた。300近い図形と運河を識別していたが、火星探査機の観測によりほぼすべてが否定されている。

また、小惑星 (793) アリゾナを発見している。

最大の業績は、最晩年の1916年に惑星Xの存在を計算により予想した事であり、1930年に、その予想に従って観測を続けていたクライド・トンボーにより冥王星が発見された。冥王星の名 “Pluto” には、ローウェルのイニシャルP.Lの意味もこめられている[注 1]。

日本との関係
1889年から1893年にかけて、明治期の日本を5回訪れ、通算約3年間滞在した。来日を決意させたのは大森貝塚を発見したエドワード・モースの日本についての講演だった。彼は日本において、小泉八雲、アーネスト・フェノロサ、ウィリアム・スタージス・ビゲロー、バシル・ホール・チェンバレンと交流があった。神道の研究等日本に関する著書も多い。
引用元:パーシヴァル・ローウェル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB

NOTO 能登・人に知られぬ日本の辺境 

●パーシヴァル・ローエル  宮崎正明訳

●定価 3,500円 ⇒ 1,750円  売り切れ
●天文学者として知られるローエルは熱心な日本研究家でもあった。明治中期、 能登半島の奇妙な形に魅せられて来日、上野から能登半島へと向かう。当時の日本を活写する傑作旅行記。自身が撮影した貴重な写真も初収録。 第17回日本翻訳文化賞受賞。
引用元:十月社 http://www.spacelan.ne.jp/~kamenaku/10gatusha/mokuroku.htm

ローエル
Lowell, Percival
[生]1855.3.13. ボストン
[没]1916.11.12. フラグスタッフ
アメリカの天文学者。ハーバード大学卒業後,実業界に入り,『朝鮮』 Chosön (1886) ,『能登』 Noto (91) ,『神秘の日本』 Occult Japan (95) などの紀行文で東洋旅行家として知られていたが,1890年代に火星の運河説に刺激されて天文学に興味をもち,アリゾナにローエル天文台を造った。火星には知的生物が存在すると唱えて話題を呼んだ。また天王星の運行の数学的研究から海王星以外の星の存在を予測したが,彼の死後 14年たった 1930年に冥王星が発見された。主著『海王星の揺れ方についての論考』 Memoir on a Trans-Neptunian Planet (1915) 。
引用元:ローエルとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%AB-152565