【物理学賞】アダム・リース【生理学・医学賞】ジュール・ホフマン


次の2011年のノーベル賞受賞者を
受賞した部門ごとに
グループ分けしなさい
24%

生理学・医学賞物理学賞化学賞
アダム・リース
ダニエル・シェヒトマン
ジュール・ホフマン
ラルフ・スタインマン
ソール・パールマッター

アダム・ガイ・リース(Adam Guy Riess, 1969年12月16日 – )はアメリカ合衆国の天体物理学者。ワシントンD.C.生まれ。宇宙の加速膨張の観測に関する研究で、2011年ノーベル物理学賞受賞。

1998年に発表した、宇宙の加速膨張の観測に関する研究で、ソール・パールマッター、ブライアン・P・シュミットと共に、2011年ノーベル物理学賞受賞。
引用元:アダム・リース (天体物理学者) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9_(%E5%A4%A9%E4%BD%93%E7%89%A9%E7%90%86%E5%AD%A6%E8%80%85)

ダニエル シェヒトマン
Daniel Shechtman

国籍イスラエル
専門化学者
肩書テクニオン・イスラエル工科大学特別教授
別名Dan〉 ダン〈Shechtman 通称=シェヒトマン
出生地イスラエル テルアビブ
学歴テクニオン・イスラエル工科大学卒
学位Ph.D.(テクニオン・イスラエル工科大学)〔1972年〕
経歴米国ジョンズ・ホプキンズ大学客員教授、テクニオン・イスラエル工科大学教授を経て、1998年同大特別教授。’82年アルミニウムとマンガンの合金の研究をする中で、固体の第三の状態である準結晶の存在を発見した。発見当初は“結晶構造の神”とも称された権威者ライナス・ポーリングに準結晶の存在を否定され不遇な時代を過ごしたが、ポーリングの死後に研究の再評価が進み、’99年ウルフ賞、2011年ノーベル化学賞を受賞した。
受賞ノーベル化学賞〔2011年〕 イスラエル賞〔1998年〕;ウルフ賞〔1999年〕
引用元:ダニエル シェヒトマンとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB+%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3-1681914

ジュール ホフマン
Jules A. Hoffmann

国籍フランス
専門免疫学者
肩書ストラスブール大学教授 フランス科学アカデミー会長
生年月日1941/8/2
出生地ルクセンブルク
学位博士号(ストラスブール大学)
経歴ルクセンブルクで生まれ、フランスのストラスブール大学で博士号を取得。ドイツのマールブルク大学を経て、1974年ストラスブール大学へ戻る。体内に侵入した細胞などの病原体を感知する自然免疫の仕組みを解明し、2011年スクリプス研究所教授のブルース・ボイトラー、ロックフェラー大学教授のラルフ・スタインマンとノーベル医学生理学賞を受賞した。
受賞ノーベル医学生理学賞〔2011年〕 ロベルト・コッホ賞〔2004年〕;バルザン賞〔2007年〕;慶応医学賞〔2010年〕;ガードナー国際賞〔2011年〕;ショウ賞〔2011年〕
引用元:ジュール ホフマンとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB+%E3%83%9B%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%B3-1686703