デンキウナギは自分の電気に感電しない

023upPTkaMBPn
デンキウナギは
自分の電気に感電して
麻痺してしまうことがある
×

>デンキウナギ(電気鰻、学名:Electrophorus electricus、英語名:Electric eel)は、デンキウナギ目ギュムノートゥス科デンキウナギ属に分類される硬骨魚類の一種。南アメリカのアマゾン川・オリノコ川両水系に分布する大型魚で、強力な電気を起こす魚である。デンキウナギ属 Electrophorus は1属1種のみが分類されている。
>デンキウナギの発電器官は、筋肉の細胞が「発電板」という細胞に変化したものである。数千個の発電板が並んだ発電器官は体長の5分の4ほどあり、肛門から後ろはほとんど発電器官と言ってよい[5]。この発電器官は頭側がプラス極、尾の方がマイナス極になっている(デンキナマズは逆)。
>なお、発電時にはデンキウナギ自身もわずかながら感電している。しかし、体内に豊富に蓄えられた脂肪組織が絶縁体の役割を果たすため、自らが感電死することはない。
引用元: デンキウナギ – Wikipedia

> ◇のの だけど不思議(ふしぎ)だなあ。電気ウナギはどうして、自分自身は感電せずにすむんだろう?
 ◆先生 もっともな疑問(ぎもん)ね。実はそのナゾを解(と)く実験(じっけん)はまだ進んでないの。でも、いくつか理由(りゆう)は考えられているわ。たとえば、危険(きけん)な発電器官は電気を通しにくい組織(そしき)で包(つつ)まれていて、体の他(ほか)の部分にはわずかな範囲(はんい)しか電気が流れないらしいの。
引用元: NIE教育に新聞を:朝日新聞社インフォメーション

CIMG2069OCDLHaMLTY
体内に発電器官を持つ
デンキウナギは
尾の方がプラス極、
頭の方がマイナス極である
×
◯頭の方がプラス極、
尾の方がマイナス極である

カメムシは自分自身の悪臭が原因で死ぬこともある

>カメムシの悪臭は、彼ら自身にとっても有害である。瓶の中にカメムシを入れ、つついて臭いを出させたあと、蓋を閉めておくと、死んでしまうことがある(テレビ番組『トリビアの泉』でも紹介されている)。
引用元: カメムシ – Wikipedia

カメムシは自分の悪臭で失神する(動画)
http://www.gizmodo.jp/2012/03/post_10056.html