N線


後にウッドによって間違いである
ことが証明された、1903年に
ルネ・ブロンローが発見した
幻の放射線は?
W線
R線
K線
N線(答)
31%

『N線』(エヌせん、英語: N ray)は、1903年にフランスの科学者ルネ・ブロンロにより報告された現象であるが、後にそれは錯誤によるものであることが明らかになった。病的科学の一例として示されることが多い。

N線の”発見”[編集]
1903年、ナンシー大学(英語版)に籍を置く優秀な物理学者であったブロンロは、X線の偏光を観測するため放電管とスパーク・ギャップを並列につないだ装置で実験をしている最中に、スパーク・ギャップの電気火花の明るさが変化することに気がついた[1]。彼はこれを新しい放射線によるものだと考え、スパーク・ギャップと写真乾板を組み合わせた実験装置を作り、火花の変化を写真に記録[2]。この放射線をナンシー大学にあやかり「N線」と名付けた[3]。ブロンロが報告したこの現象は、オーギュスタン・シャルパンティエ(英語版)など多くの科学者による追試でも確認され、多くの論文が発表された[4]。また「N線」はX線源だけでなく、ガス・マントル、熱した鉄板や銀板、人体の神経組織、植物や発酵中の有機物など、多くの物質からも放出されることが”発見”された[5][6][7]。なお、物理学者のギュスターヴ・ル・ボンやP・オドレーなどがN線やその効果の発見の先取権を申し立てたが、いずれも退けられた[8][9]

ブロンロは1904年に科学アカデミーから彼の研究全体を称えられ、ル・コント賞(英語版)を授与された[10][11]。N線は”発見”された1903年から1906年に至るまでの3年間に100人以上の科学者が300編もの論文で取り上げるほどまでになった[12]。

追試に失敗した物理学者の一人であるアメリカのロバート・ウッドは、詳細な調査のために自らフランスに赴いた。ナンシー大学のブロンロの実験室へ通されると、ブロンロが実験する際には常に実験室を暗くしていることにウッドは気がついた。ウッドは実験者の目を盗んで、波長を分けるためのプリズムを実験装置から取り外してみた。装置からプリズムを外した状態ではN線を観測できないはずだが、それでも実験者たちはN線が観測されたと答えた[15][16]。またウッドは、「N線の放出源と火花との間に手を差し入れる実験で、観測者に手を差し入れた瞬間を言い当ててもらう」「N線の放出源の前に金属のヤスリを置いて蛍光塗料のスクリーンに表れる模様を観測する実験で、金属ヤスリの代わりにこっそり木片に交換する」などを行い、観測者がそれらを言い当てられずに失敗することを確認した[17][18]。

ウッドはこうした視察結果をまとめて1904年9月29日版の『ネイチャー』誌に発表した[19][20]。その中で、N線の存在を示すような観測結果は全く確認できず、N線を観測していた実験者たちも何かに騙されているのだとウッドは結論付けた[21]。

ブロンロはその後、写真露出時間の自動設定・火花の安定化などの実験装置改良や観測手法に関する論文を発表して反論したが、他国だけでなくフランス国内でも批判が増加した[22]。ブロンロは論文の出版を止め、1909年には教授職を引退したが、頑固にN線の研究を続けて観測結果をフランス科学アカデミーに送付し続けた[23]。またナンシー大学の同僚にも、ブロンロが死去するまでずっと支持し続けた者がいた[23]。
引用元:N線 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/N%E7%B7%9A

ルネ・ブロンロ(Prosper-René Blondlot、1849年7月3日 – 1930年11月24日)は、フランスの物理学者。ブロンドロとも表記される。新しい放射線「N線」を発見したと発表したが、後にN線は実在しないことがわかり、科学史上に名を残した。

1849年、フランス北東部のナンシーに産まれた。父はナンシー大学(英語版)の医学部(毒物学)の教授であった。1881年にソルボンヌで物理学の学位を取得すると、翌年、ナンシー大学の教授となった。導体中の電磁波の速度の研究などの業績によって優れた実験物理学者として知られるようになり、フランス科学アカデミーから3度の賞を受けている(3度目の受賞は、後述のN線発見の業績に対して与えられたものである)。1894年にはヘルムホルツの後任としてフランス科学アカデミーの通信会員に選出された。

1903年、ブロンロは新しい放射線「N線」を発見したと報告し、物理学界に大きな反響を呼んだ。しかし追試の失敗が相次ぎ、N線の存在が疑問視されるようになった。1904年、ブロンロの実験を調査したアメリカの物理学者ロバート・ウィリアム・ウッドによって、N線とは結果を都合良く解釈した実験者が存在すると思い込んでいただけで、現実には何も存在していないと結論づけられた。

ブロンロは1906年までN線の存在を主張し続けたが、1910年にナンシー大学を退職し、1930年に死去した。

後にN線の出来事は、実験者の願望が実験結果の解釈に影響を与えてしまう危険性を示す例として語られるようになった。
引用元:ルネ・ブロンロ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%AD

病的科学(びょうてきかがく、pathological science)とは、存在しない現象を、多くの人で観察してしまうことで成り立つ分野である[1]。疑似科学よりも科学に近い位置づけにある[1]。

1989年にアーヴィング・ラングミュアによって発表された[1]。定義したのは、その46年前の1953年である[1]。

病的科学と疑似科学[編集]
病的科学は疑似科学と混同されることが多い。しかし、疑似科学は(主張者が科学であると主張したり、科学であるように見せかけてはいても)科学的方法を十分に満たしているものではないのに対し、病的科学は科学的手法を一応は満たしていても研究者自身の態度や錯誤によって事実とは違う”現象”を見出すことを指しているのであり、両者は科学的手法を踏まえているか否かという点で別のものである。
引用元:病的科学 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%97%85%E7%9A%84%E7%A7%91%E5%AD%A6