とおやまひらく遠山啓



1958年に「水道方式」を
提唱した数学教育家です
遠山啓
とおやまひらく(答)
57%

cimg1549wzkwzfsxrofx
『統計学が最強の学問である』
などの著書がある統計家です
西内啓
にしうちひろむ(答)


ジャニー喜多川の本名です
喜多川擴
きたがわひろむ(答)
引用元:とがめる「尤める」 http://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/29789/

遠山 啓(とおやま ひらく、1909年8月21日 – 1979年9月11日)は、熊本県下益城郡(現・宇城市)出身の日本の数学者。数学教育の分野でよく知られる。

1950年ごろから数学教育に関心を持つようになり、1951年(昭和26年)、数学教育協議会(数教協)を結成し、長くその委員長として、小中学校の教育現場での数学教育を指導、数学教育の改良運動に率先してその力となった。中学校の数学教育において、因数分解や幾何の証明など、あまりに難解な問題を生徒に課す事を批判していた他、日本の学校教育が、生徒に間違いをさせない事を過度に重要視するのを批判していた。

「タイル」というシェーマの使用、「数」による指導に加えて幾何学量(長さ、面積など)にもとづく「量の概念」の導入、「水道方式」という数学の学び方を開発。70年東工大を定年退官、名誉教授。1973年には、教育の全体をどう変えていくかをテーマに、雑誌『ひと』を創刊。1979年(昭和54年)没。享年70。
引用元:遠山啓 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E5%B1%B1%E5%95%93

すいどう‐ほうしき〔スイダウハウシキ〕【水道方式】

算数教育における指導方式の一。最も標準的な問題を先に学習させ、しだいに特殊な問題を解答させていく、筆算中心の学習方式。「一般から特殊へ」の方針を、上水道が貯水池から給水系統に分かれていくことにたとえた呼称。昭和33年(1958)ごろから遠山啓(ひらく)らが提唱。
引用元:水道方式(スイドウホウシキ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%B0%B4%E9%81%93%E6%96%B9%E5%BC%8F-540088