つわぶき石蕗



黄色い花を咲かせる
キク科の多年草です
石蕗
つわぶき(答)
59%

487mcrSJVv
「山陰の小京都」と称される
この島根県の町は◯◯◯町?
(画像出題)
つわの(答)
「津和野町」

RKZVdwX
湯河原
高山
知覧
津和野
宿場町
市場町
城下町
小京都(答)
引用元:島根県「津和野町」山陰の小京都 岐阜県「高山」飛騨の小京都 鹿児島県「知覧」薩摩の小京都 http://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/16804/

ツワブキ(石蕗、艶蕗、学名:Farfugium japonicum (L.) Kitam.[1]、シノニム:Farfugium tussilagineum 、Ligularia tussilaginea )は、キク科ツワブキ属に属する常緑多年草(冬でも葉が緑のままで、1年や2年で枯れること無く、よく生き残れる草)である。葉柄は食用になる。

名称[編集]
「ツワブキ」という名前については、艶葉蕗(つやはぶき)、つまり「艶のある葉を持ったフキ」から転じたとする説のほか[8]、厚葉蕗(あつはぶき)、つまり「厚い葉を持ったフキ」から転じたとする説もある。ほかには「ツワ」・「イシブキ」・「オカバス」・「オバコ」などとも呼ばれ[9]、沖縄方言では「ちぃぱっぱ」、奄美方言では「つばしゃ」・「つば」、宮古方言では「つぱぱ」、八重山方言では「ちゅぶりんぐさ」(頭の草)と呼ばれる。

現在の中国の標準名は「大呉風草」(拼音: dàwúfēngcǎo)であるが、「一葉蓮」、「活血蓮」、「八角烏」、「金缽盂」などの異名がある。台湾語では「乞食碗」(khit-chia̍h-oáⁿ、キッチャワ)または「山菊」(soaⁿ-kio̍k、ソアキオッ)と呼ばれる。

韓国語では「털머위」(トルモウィ)と呼ぶが、毛の生えた蕗を意味するが、葉の裏に毛が多いことによる。朝鮮語では「말곰취」(マルゴムチュイ)と呼ぶが、馬のオタカラコウを意味する。

島根県の津和野(つわの)の地名は「石蕗の野(ツワの多く生えるところ)」が由来となっているという。
引用元:ツワブキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%AF%E3%83%96%E3%82%AD

ツワブキとは
本州の東北南部より南、四国、九州、沖縄に分布する毎年花を咲かせる多年草です。主に海がごく近い海岸線に自生します。日本以外では台湾にも自生が見られます。

日陰でもよく育ち冬でも緑の葉っぱが枯れずに茂っているので、古くから庭園の下草などに植えられています。鉢植えで楽しむこともできます。病害虫も少なくて日本の気候にも合い、つきあいやすい植物です。

葉は長い軸を持った大きな円形で濃緑色です。葉の表はワックスのような層(クチクラ、英語でキューティクル)でコーティングされており、ツヤツヤした光沢があります。裏側や軸は茶色っぽい毛で被われています。これらコーティングや毛は潮風や乾いた風から本体を守っているとされます。

秋から冬(寒冷地では春)に地際から長く花茎を伸ばして、キクに似た一重の黄色い花をまとめて咲かせます。花後はタンポポの綿毛のようなタネができ、風に飛ばされて散っていきます。

変種に大型のオオツワブキ〔var. giganteum〕、沖縄に分布し、葉っぱが扇型になるリュウキュウツワブキ〔var. luchuense〕などが知られています。

由来
長い軸を持った葉っぱはフキに似ており、その表面はワックスを塗ったような光沢があるところから、「ツヤのあるフキ(蕗)→ツヤブキ」が転じて「ツワブキ」となったと言われます。また、厚みのある葉っぱから「厚い葉のフキ→アツバブキ」に由来する、と言う説もあります。

ツワブキを漢字で書くと「石蕗」となります。古くから親しまれている植物だけに、地方ごとの呼び名(方言名)もたくさんあります。代表的な呼び名に「オカバス」「イシブキ」「イワブキ」「ツワ」「オバコ」などがあります。津和野(島根県)は「ツワの多く生える場所」が語源となっている、と言うエピソードがあります。
引用元:ツワブキとは|ヤサシイエンゲイ http://yasashi.info/tu_00008.htm