ガッサンディ



オーロラの命名者である
フランスの物理学者です
ガッサンディ(答)
Pierre Gassendi


次のうち、北極や南極で観測されるオーロラの種類にあるものを全て選びなさい
ディスクリートオーロラ(答)
ディフューズオーロラ(答)
極冠域オーロラ(答)
ディスプレーオーロラ
ディスカバーオーロラ

オーロラ(英: aurora [ɔːˈrɔːrə])は、天体の極域近辺に見られる大気の発光現象である。極光(きょっこう)ともいう[1]。以下本項では特に断らないかぎり、地球のオーロラについて述べる。

女神の名に由来するオーロラは古代から古文書や伝承に残されており、日本でも観測されている。近代に入ってからは両極の探検家がその存在を広く知らしめた。オーロラの研究は電磁気学の発展とともに進歩した。発生原理は、太陽風のプラズマが地球の磁力線に沿って高速で降下し大気の酸素原子や窒素原子を励起することによって発光すると考えられているが、その詳細にはいまだ不明な点が多い。光(可視光)以外にも各種電磁波や電流と磁場、熱などが出る。音(可聴音)を発しているかどうかには議論がある。両極点の近傍ではむしろ見られず、オーロラ帯という楕円上の地域で見られやすい。南極と北極で形や光が似通う性質があり、これを共役性という。地球以外の惑星でも地磁気と大気があれば出現する。さらに状況さえ再現すれば、人工的にオーロラを出すこともできる。

オーロラという名称はローマ神話の暁の女神アウロラ(Aurora)に由来する[2][3][4]。ただし、科学術語になった過程については定説がない[5]。

オーロラという名称が使用され始めたのは17世紀頃からと考えられている。名付け親は一説によるとフランスのピエール・ガッサンディで[2][6]、エドモンド・ハレーが自らの論文の中でこの説を述べている[7]。もう一説は、イタリアのガリレオ・ガリレイが名付けたという説である[2][3][8]。当時彼は宗教裁判による命令で天体に関することを書けなかったため、弟子の名を使ってこのことを著している[4]。
引用元:オーロラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%A9

ガッサンディ
Gassendi, Pierre

[生]1592.1.22. プロバンス,シャンテルシエ
[没]1655.10.24. パリ
フランスの哲学者,科学者,司祭。 1617~23年エクス (エクサンプロバンス) の哲学教授。 45年コレージュ・ロワイヤル (コレージュ・ド・フランスの前身) の数学教授。彼の哲学的立場は懐疑論とエピクロス主義に要約される。彼の懐疑論は,絶対的懐疑論と独断論の中間をいく穏健なもので,われわれの知識の源泉は感覚であり,真実在を認識することはできないが,経験からの帰納によって現象界を説明することができる,とする。最もすぐれた現象説明の体系として,彼はエピクロス的原子論を仮説として提示し,これをキリスト教と調和させようとして,魂の不死や知性の一般概念形成能力を認めた。道徳論でもエピクロスに従って,心身の調和のうちに幸福を認めた。 R.デカルトと対立して激しい論争を展開した彼の哲学は,J.ロックの経験論や近世唯物論に大きな影響を与えた。主著『哲学体系論』 Syntagma Philosophicum (1658) ,”Exercitationes paradoxicae adversus Aristotelaeos” (24) ,”Disquisitiones Anticartesianae” (43) ,”De vita,Moribus et doctrina Epicuri” (47) など。
引用元:ガッサンディとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AC%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3-45205

オーロラには、カーテンや弧のように見えるはっきりした(ディスクリート)オーロラの他に、空にぼんやりと広がる拡散型(ディフューズ)オーロラがあり、それはしばしば複雑な斑点のようにきれぎれに分布し、10秒程度の周期で光の明滅を繰り返します。 そのようなオーロラは脈動(パルセーティング)オーロラと呼ばれます。

拡散型オーロラや脈動オーロラは、オーロラ嵐の発達の後半に、特に朝方に現れやすいことが分かっています。 電子の他に陽子(プロトン)もオーロラ粒子として降り込んできていますが、陽子によるオーロラは電子によるものとは異なり、空に薄くぼんやりと拡がって見え、「プロトンオーロラ」と呼ばれます。
引用元:polaris.nipr.ac.jp/~aurora/aboutAurora/aboutAurora_frame.html http://polaris.nipr.ac.jp/~aurora/aboutAurora/aboutAurora_frame.html