「八田線」動物学者・両生類・宗谷海峡「宮部線」植物学者・トドマツ・得撫島「ブラキストン線」英国学者・ニホンザル・津軽海峡「三宅線」 昆虫学者・屋久島「蜂須賀線」鳥類学者・沖縄諸島

145RRqqwWZ
029XbQGFdfalm
次の日本にある
生物分布の境界線を
北から順に選びなさい
八田線
宮部線
ブラキストン線
渡瀬線
蜂須賀線
46%

061PcycADzdka
生物分布の境界線のひとつ
日本の動物学者にちなむ
両生類、爬虫類等の分布から提唱
宗谷海峡上に引かれる
宮部線
蜂須賀線
三宅線
八田線(答)

CIMG7506wLzATDWeZRfR
生物分布の境界線のひとつ
日本の動物学者にちなむ
哺乳類などの分布の違いから提唱
屋久島・種子島と奄美大島との間
渡瀬線(答)
蜂須賀線
宮部線
三宅線

CIMG6263
生物分布の境界線のひとつ
日本の植物学者にちなむ
トドマツ、エゾマツなどの境界
得撫島と択捉島の間
三宅線
渡瀬線
宮部線(答)
蜂須賀線


生物分布の境界線のひとつ
イギリスの動物学者にちなむ
ニホンザルやライチョウの北限
別名「津軽海峡線」
ブラキストン線(答)

連想
生物分布の境界線のひとつ
日本の鳥類学者にちなむ
命名者は山階芳麿
沖縄諸島と八重山諸島の間
蜂須賀線(答)

119OGmhdbTgav
121tltOApCzIn
生物分布の境界線で
津軽海峡に引かれているのは
ブラキストン線ですが
沖縄本島と宮古島の間に
引かれているのは何線?
蜂須賀線(答)
ブラキストン線
八田線
渡瀬線

CIMG8700yvjsHlWikHVo
CIMG8701bMoyxonHMLJf
宗谷海峡に引かれた動物分布の
境界線、八田線に名を残す
動物学者は八田三郎ですが

千島列島の択捉島とウルップ島の
間に引かれた植物分布の境界線
宮部線に名を残すのは宮部◯◯?
○の名前をひらがなで答えなさい
→きんご 宮部金吾

「渡瀬線」に名を残す動物学者は渡瀬◯◯◯?
◯の名前をひらがなで答えなさい
しょうざぶろう(答)
渡瀬庄三郎

ですが
「蜂須賀線」に名を残す鳥類学者は蜂須賀◯◯?
まさうじ(答)
蜂須賀正氏

次のうち、生物の
分布境界線である
「八田線」はどっち?
A画像
B画像(答)
67%

八田三郎 kotobank
>1865-1935 明治-昭和時代前期の動物学者。
慶応元年9月27日生まれ。学習院教官をへて明治41年東北帝大農科大学教授となり,のちその後身の北海道帝大教授。ヤツメウナギの発生を研究。動物分布のうえで宗谷海峡を重視した八田線を提唱した。昭和10年11月27日死去。71歳。肥後(熊本県)出身。帝国大学卒。旧姓は中村。
引用元: 八田三郎とは – コトバンク.

宮部金吾 kotobank
>[1860~1951]植物学者。江戸の生まれ。北大教授。北海道・千島・樺太(サハリン)の植物を調査・研究して、得撫(うるっぷ)・択捉(えとろふ)両島間に植物分布の境界線が引けることを発見、のち宮部線と命名された。文化勲章受章。著「千島列島植物誌」など。
引用元: 宮部金吾とは – コトバンク.

本州と北海道の間に引かれた生物分布境界線。1880年代に英国の貿易商T.W.ブラキストン〔1832年-1891年〕が鳥類の分布から提唱した。旧北亜区のうち,満州地方区に属する本州とシベリア地方区に属する北海道を隔てるものとされたが,昆虫,両生類,爬虫(はちゅう)類の分布境界線としては現在,八田線のほうが重要視される。
引用元: ブラキストン線とは – コトバンク.

渡瀬庄三郎 kotobank
>1862-1929 明治-昭和時代前期の動物学者。
文久2年11月11日生まれ。アメリカ,ドイツに留学。明治34年東京帝大教授。渡瀬線(屋久島・種子島(たねがしま)と奄美(あまみ)大島間の生物分布境界線)を発見し,天然記念物の保護,ハブ退治のためのマングース移入などにも功績をのこす。昭和4年3月8日死去。68歳。江戸出身。札幌農学校卒。
引用元: 渡瀬庄三郎とは – コトバンク.

蜂須賀正氏 ウィキペディア
>蜂須賀 正氏(はちすか まさうじ、1903年2月15日 – 1953年5月4日)は日本の華族(侯爵)、貴族院議員、探検家、鳥類学者、飛行家。絶滅鳥ドードーの研究で知られた他、沖縄本島と宮古島との間に引かれた生物地理学上の線である蜂須賀線に名をとどめている。
引用元: 蜂須賀正氏 – Wikipedia.

三宅恒方 みやけ-つねかた

1880-1921 明治-大正時代の昆虫学者。
明治13年5月21日生まれ。三宅雪嶺(せつれい)の甥(おい)。大正5年農事試験場昆虫部主任,8年東京帝大農学部講師となった。丁夢閑人の筆名で社会評論もおこなう。妻の三宅やす子,長女の艶子(つやこ)はともに小説家で評論家。大正10年2月2日死去。42歳。石川県出身。東京帝大卒。著作に「昆虫学汎論(はんろん)」など。
引用元: 三宅恒方(みやけ つねかた)とは – コトバンク.

三宅線
みやけせん
Miyake’s line

生物の分布境界線の一つ。九州の大隅半島と屋久島,種子島両島との間の大隅海峡に引かれた境界線。主としてチョウ類の分布の差から,1929年江崎悌三が昆虫学者三宅恒方にちなんで名づけた。しかし,多くの動物については,むしろ渡瀬線が重視される。
引用元: 三宅線(みやけせん)とは – コトバンク.