おがわただし小川侃



人間環境大学や甲子園大学の学長
を務めた、京都大学出身の哲学者
小川侃
おがわただし(答)
30%

かん【侃】[漢字項目]

[人名用漢字] [音]カン(呉)(漢)
性格が強く、心正しいさま。剛直なさま。「侃侃諤諤(かんかんがくがく)」
[名のり]あきら・すなお・ただ・ただし・つよし・なお・やす
引用元:侃(カン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%BE%83-469044

小川 侃(おがわ ただし、1945年8月11日[1] – )は日本の現象学者、哲学者。京都大学名誉教授。

人物[編集]
大阪府生まれ。その理論の特徴はフッサールの統一的な把握(統覚)理論を破壊して現象学の現象概念を「現われの理論」として洗練することにある。現われの理論を構造理論(ロマン・ヤコブソン)と媒介して、フッサール、ハイデッガー、ヘルマン・シュミッツの解釈を基にして氣氛や雰囲氣の理論を構築し、政治の問題に適用しようとしている。哲学の歴史においては現象学の方法で古代ギリシャ哲学、シェリング、ベルクソン、エミール・デュルケームを再解釈している。「気」の理論を中心にしてさらに後期水戸学(藤田幽谷、藤田東湖など)への関心と造詣も深い。「身」と氣の哲学の体系化を目指している。
引用元:小川侃 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E4%BE%83

人間環境大学(にんげんかんきょうだいがく、英語: University of Human Environments)は、愛知県岡崎市本宿町字上三本松6番地2に本部を置く日本の私立大学である。2000年に設置された。大学の略称は人環大、UHE。
引用元:人間環境大学 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%96%93%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%A4%A7%E5%AD%A6