ルイ・ポール・「カイユテ」 酸素・窒素・空気の液化 仏物理学者

011
1877年、永久機関と考えられて
いた窒素、酸素ガスの液化に
成功したフランスの物理学者は
ルイ・ポール・◯◯◯◯?
ラゲーゴテ
パカンユイ
→カイユテ
ルイ・ポール・「カイユテ」
Louis Paul Cailletet

ルイ・ポール・カイユテ(Louis Paul Cailletet、1832年9月21日 – 1913年1月5日)はフランスの物理学者、発明家である。1877年に断熱膨張による低温化により気体の液化に成功した。
>。気体の圧縮性に興味を持ち1877年に高圧をかけた気体を膨張させることによって温度を低下させる方法で二酸化窒素の液化に成功し、同じ年に液化酸素の液化に成功した。
引用元: ルイ・ポール・カイユテ – Wikipedia.

[生]1832.9.21. セーヌ河畔,シャティヨン
[没]1913.1.5. セーヌ河畔,シャティヨン
フランスの物理学者,工学者。鉄工場主。 1870年以来気体の性質に関心をもち,77年,R.P.ピクテとほぼ同時に断熱膨張によって酸素,窒素,空気の液化に成功した (→気体の液化 ) 。ほかに熱学の研究があり,圧力計や高度計も考案した。
引用元: カイユテとは – コトバンク.