マヨイアイオイクラゲ


次の文字列を順に選んで
世界最長のクラゲ
の名前にしなさい
マヨイ
アイ
オイ
クラゲ
34%

マヨイアイオイクラゲ(迷相生海月、Praya dubia)はクダクラゲの一種。全体の長さは40mを超えることもあり、世界最長の動物として知られる[1][2]。
19世紀には既にその存在が知られていたが、極めて大きな体長をもつことはモントレー湾水族館付属研究所による1987年の調査によって発見された。繊細で脆く容易に崩壊するため、生体の捕獲にはいまだ成功していない。
本種は他のクダクラゲ類と同様に、摂食・攻撃・防御などに特化した無数の個体(個虫)が集合して一つの群体を構成する。先頭に2つの泳鐘(nectophore)が存在し、刺胞をもった無数の栄養個虫群が一本の長い帯となって後方に引かれる。体は白色から透明。
引用元:マヨイアイオイクラゲ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A8%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2