むらたまさたか村田正太


梅毒の血清反応「村田法」に
名を残す明治生まれの医師
村田正太
むらたまさたか(答)
14%

村田 正太(むらた まさたか、1884年10月5日 – 1974年12月20日)は、日本の医師、医学研究者。梅毒血清反応「村田法」の創始者。ハンセン病研究者。エスペランティスト。1926年から1933年まで大阪府外島保養院院長を務めたが、外島事件で辞任した。患者を一人の人間として対等に「キミ」と呼び、遇したのは当時としてはたいへん珍しい。その後職に就かず、神奈川県二宮町で個人的研究生活に入る。

生涯[編集]
法律を勉強していた時に知った女性がらいに罹患し、生涯らいに尽そうと決意した。光田健輔を紹介され、同氏の指示をうけ、医学の道に進む。東京伝染病研究所では、梅毒血清反応を研究。村田反応を創設した。大阪府外島保養院院長席が空席をなり、村田が起用された。大正15年(1926年)着任。同院は全く闇黒時代で、患者は博打を打ち、風紀は乱れていた。彼は食費13銭を一挙に22銭に上げ、院内の自治を認めたので、今まで虐げられていた患者は院長を慈父と呼んだ。しかし、患者内に急進派と保守派の対立が激化してきた。昭和7年(1932年)、職員に共産党員が入り活動を始めた。院長の、患者の自治を尊重する姿勢もアカと誤解されて、1933年8月院長が不在時に所轄の警察署の手入れが始まり、「外島事件」の始まりとなる。院内の平和のために、急進派患者20名を、言い含め、私金10円をもたせ、放出する。それが府警はじめメディアに烈しい批判を浴びる。村田自身も特別高等警察の厳しい取り調べを受けた。東京大学出身の大阪大学教授らが彼を弁護したが、同年10月、村田は同院を去る。その後、神奈川県二宮町の自宅(借家)で研究を続けた[1]。
引用元:村田正太 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E7%94%B0%E6%AD%A3%E5%A4%AA

村田正太 むらた-まさたか

1884-1974 大正-昭和時代の医学者。
明治17年10月5日生まれ。伝染病研究所にはいり,梅毒の血清学的診断法の村田反応を考案。昭和2年ハンセン病患者を収容する大阪の外島保養院長となる。隔離収容方式から患者の自治制度に転換したが,特高警察の干渉で8年辞任。エスペラントの普及にもつくした。昭和49年12月20日死去。90歳。高知県出身。東京帝大卒。
引用元:村田正太(むらた まさたか)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%9D%91%E7%94%B0%E6%AD%A3%E5%A4%AA-1114815

むらたはんのう【村田反応】

村田正太まさたか(1884~1974)により考案された、血清による梅毒の診断法。被験者の血清と試薬とを試験管に重層させ、境界面に沈殿が形成されるかどうかで判定する。現在ではワッセルマン反応にとってかわられている。
引用元:村田反応(むらたはんのう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%9D%91%E7%94%B0%E5%8F%8D%E5%BF%9C-394985