ほかりしさんじ穂刈四三二



城西大学学長も務めた
日本の数学者
穂刈四三二
ほかりしさんじ(答)
22%

穂刈 四三二(ほかり しさんじ、1908年3月28日 – 2004年1月2日)は日本の数学者である。東京都立大学名誉教授、元城西大学学長。
高校数学教育において業績を残している。

生い立ち[編集]
明治41年(1908年)3月13日、新潟県三島郡来迎寺村大字西野にて久太郎(慶応3年(1867年)6月14日生)とトリ(明治14年(1881年)1月13日生)の二男として生れる。久太郎トリ夫妻の子供として4人目、1人乳幼児で病死し生きている子では3人目、男では2人目(二男)となることから四三二の名前が付けられた。後に、6人兄弟となる。親も四三二と名付けた子が数学者になるとは思わなかった。
引用元:穂刈四三二 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%82%E5%88%88%E5%9B%9B%E4%B8%89%E4%BA%8C