ヴァルデヤー


「染色体(Chromosome)」
という言葉を初めて用いた
ドイツの科学者はヴィルヘルム・
フォン・◯◯◯◯◯◯?
デルヤァーヴ
ヴァルデヤー(答)
35%
Waldeyer

染色体(せんしょくたい)は遺伝情報の発現と伝達を担う生体物質である。塩基性の色素でよく染色されることから、1888年にヴィルヘルム・フォン・ヴァルデヤー(Heinrich Wilhelm Gottfried von Waldeyer-Hartz)によって Chromosome と名付けられた。Chromo- はギリシャ語 χρῶμα (chroma) 「色のついた」に、-some は同じく σῶμα (soma) 「体」に由来する。
引用元:染色体 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%93%E8%89%B2%E4%BD%93

Heinrich Wilhelm Gottfried von Waldeyer-Hartz (6 October 1836 – 23 January 1921) was a German anatomist, famous for consolidating the neuron theory of organization of the nervous system and for naming the chromosome. He is also remembered in two macroanatomical structures of the human body which were named after him: Waldeyer’s tonsillar ring (the lymphoid tissue ring of the naso- and oropharynx) and Waldeyer’s glands (of the eyelids).[1]
引用元:Heinrich Wilhelm Gottfried von Waldeyer-Hartz – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Heinrich_Wilhelm_Gottfried_von_Waldeyer-Hartz