長征1号


中国初の人工衛星「東方紅1号」
の打ち上げにも用いられた、
中国の人工衛星打ち上げロケット
1号機は「◯◯1号」?
長娥
神火
蛍舟
長征(答)
35%
「長征1号」


2012年に、マリアナ海溝において
世界記録となる深度7000mを
超える潜水に成功した中国の
有人潜水艇は「◯◯号」?
虹竜
咬亀
蚊鳳
蛟竜(答)
「蛟竜号」


2007年10月に打ち上げられた中国初の月周回衛星は?
嫦娥(答)

スロット
2003年10月に中国が有人軌道飛行に初めて成功したときに用いた宇宙船は?
神舟(答)

スロット
2011年9月に打ち上げられた中国初の小型宇宙実験室は?
天宮(答)

タイピング
中国初の女性宇宙飛行士・劉洋が搭乗した、2012年6月に打ち上げられた宇宙船は「神舟◯号」?
9(答)

長征(ちょうせい、Chang Zheng)ロケットは、中国の人工衛星打上げロケットである。名称は中国共産党の長征の故事にちなんだもの。中国語名称の頭文字を取ってCZ-xxと表記する他、英語名称のLong MarchからLM-xxとも表記することがある。

ペイロード[編集]
詳細は「長征ロケットの一覧」を参照
長征1号の初飛行は1970年で、同国初の人工衛星「東方紅1号」を軌道に乗せ、世界で5番目の衛星打上国となった。
2003年10月15日に、有人宇宙船「神舟5号」の打上げに用いられた長征2F型は、低軌道人工衛星打上げに用いられる長征2E型の信頼性を向上させ、非常脱出装置などの有人支援機能を追加したものである。
引用元:長征 (ロケット) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%BE%81_(%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88)

蛟竜級潜水艇(Jiao Long, 蛟龙)は世界の海洋底の99.8%である水深7000m未満の海域まで潜れる中国の潜水艇である。 ハイテク技術研究発展計画である「国家863計画」の一環として開発された。

2011年7月21日の試験潜航時(5,000mへの挑戦)には水深4027メートルの潜航テストに成功した[4] [5]。 2012年6月15日に、ドラゴン級潜水艇「蛟竜号」は水深6,671mに到達し、6月24日にはマリアナ海溝で7,020mに到達した[6]。
引用元:蛟竜 (深海探査艇) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9B%9F%E7%AB%9C_(%E6%B7%B1%E6%B5%B7%E6%8E%A2%E6%9F%BB%E8%89%87)#cite_note-6

嫦娥計画(じょうがけいかく、こうがけいかく[1]、中国語: 嫦娥工程、英語: Chang’e program)は、中華人民共和国が国家的プロジェクトとして推進している月探査計画。将来的には有人による長期滞在を目指す。嫦娥とは、中国で月にちなむ女神のことである。2003年3月1日に正式に開始された。大きく「探査計画」、「着陸計画」、「滞在計画」に分かれる。総指揮者、および総設計者は叶培建。
引用元:嫦娥計画 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AB%A6%E5%A8%A5%E8%A8%88%E7%94%BB

嫦娥(じょうが、こうが)は、中国神話に登場する人物。后羿の妻。古くは姮娥(こうが)と表記された。

伝説[編集]
『淮南子』覧冥訓によれば、もとは仙女だったが地上に下りた際に不死でなくなったため、夫の后羿が西王母からもらい受けた不死の薬を盗んで飲み、月(広寒宮)に逃げ、蟇蛙(ヒキガエル)[1]になったと伝えられる(嫦娥奔月)。
別の話では、后羿が離れ離れになった嫦娥をより近くで見るために月に向かって供え物をしたのが、月見の由来だとも伝えている。
道教では、嫦娥を月神とみなし、「太陰星君」さらに「月宮黄華素曜元精聖後太陰元君」「月宮太陰皇君孝道明王」と呼び、中秋節に祀っている。
「姮娥」が本来の表記であったが、前漢の文帝の名が「恒」であるため、字形のよく似た「姮」を避諱して「嫦」を用いるようになった。のちに旁の「常」の影響を受けて読みも「じょうが」(に対応する中国語での発音)に変化した。
引用元:嫦娥 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AB%A6%E5%A8%A5

神舟(しんしゅう、拼音: Shénzhōu シェンチョウ)は、中華人民共和国が打ち上げた有人宇宙船。「神舟」は「神州 Shénzhōu」(中国の美称の1つ)と同じ音である。神舟5号によって同国初の有人軌道飛行に成功した。有人宇宙飛行に自力で成功したのは世界でもソビエト連邦、アメリカ合衆国に次ぐ3番目で、42年ぶりとなった。
引用元:神舟 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E8%88%9F

劉洋(りゅう よう、簡体字:刘洋、1978年10月6日-)は、中華人民共和国のパイロットであり、神舟の宇宙飛行士である[2][3]。河南省鄭州市で生まれ[4]、2012年6月16日に中国人女性で初めての宇宙飛行を行った[5]。女性として57人目の宇宙飛行士である[6]。

キャリア[編集]
劉洋は、1997年に中国人民解放軍空軍に入隊し、パイロットとなった。後に少佐に昇進し、飛行部隊の副部隊長になった。空軍では1,680時間の飛行を経験した。2年間の宇宙飛行士の訓練を経た後、試験に合格し、もう1人の女性である王亜平とともに宇宙飛行士の候補に選ばれた[7]。
劉は、景海鵬、劉旺とともに、天宮1号への最初の有人ドッキングを行う神舟9号の乗組員に選ばれ、中国人女性として初めて宇宙へ行った。神舟9号は、人類初の女性宇宙飛行士ワレンチナ・テレシコワの打上げからちょうど49年後の2012年6月16日に打ち上げられた[8]。このミッションにおいて、劉洋は宇宙医学に関する実験を行った。
引用元:劉洋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%89%E6%B4%8B

天宮(てんきゅう、Tiangong)は、中華人民共和国が計画している宇宙ステーション。2011年9月に試験機である「天宮1号」(TG-1)の打ち上げに成功したが、本格的な宇宙ステーションとなる天宮の本体(コアモジュール)は2018年以降に打ち上げ予定で、周辺モジュールも含めた完成は2022年以降の予定である[1]。
引用元:天宮 (宇宙ステーション) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%AE%AE_(%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3)