「B」の元素 Be「ベリリウム」B「ホウ素」Br「臭素」Ba「バリウム」Bi「ビスマス」Bk「バークリウム」Bh「ボーリウム」

250VOpkPOccvP
次のうち、実在する元素を表す
元素記号を1つ選びなさい
Bc
Bi◯ ビスマス
Bh◯ ボーリウム
Bl
Ba◯ バリウム
Bo
Bm
Bd

Be(4):ベリリウム
B(5):ホウ素
Br(35):臭素
Ba(56):バリウム
Bi(83):ビスマス
Bk(97):バークリウム
Bh(107):ボーリウム
引用元: Bで始まる元素をいくつか教えてください。 – Be(4):ベリリウムB(5):ホウ… – Yahoo!知恵袋.

ホウ素(ホウそ、硼素、英: boron、羅: borium)は、原子番号5の元素。元素記号は B。第13族元素のひとつ。
1808年にゲイ=リュサックとルイ・テナールの2人の共同作業及びハンフリー・デービーによって単体の分離が行なわれ、アラビア語で「ホウ砂」を意味する Buraq から命名された。
引用元: ホウ素 – Wikipedia.

臭素(しゅうそ、英: bromine)は、原子番号35の元素。元素記号は Br。ハロゲン元素の一つ。
単体(Br2、二臭素)は常温、常圧で液体[2](赤褐色)である。融点は−7.3 °C、沸点は58.8 °C。反応性は塩素より弱い。刺激臭を持ち、猛毒である。海水中にも微量存在する。
>アントワーヌ・バラールは、1826年にフランス学士院へ臭素発見に関する論文を提出している。フランス・モンペリエにおいて、海水と塩素の反応によって発見された。
引用元: 臭素 – Wikipedia.

バリウム(英: barium)は、原子番号 56 の元素。元素記号は Ba。アルカリ土類金属のひとつで、単体では銀白色の軟らかい金属。他のアルカリ土類金属元素と類似した性質を示すが、カルシウムやストロンチウムと比べ反応性は高い。化学的性質としては+2価の希土類イオンとも類似した性質を示す。アルカリ土類金属としては密度が大きく重いため、ギリシャ語で「重い」を意味する βαρύς (barys) にちなんで命名された。
>1774年、スウェーデンのカール・ヴィルヘルム・シェーレが軟マンガン鉱に新しい元素が含まれていることを発見したが、その鉱石からバリウムを分離することはできなかった。ヨハン・ゴットリーブ・ガーンもまた類似した研究を行い、シェーレによるバリウムの発見から二年後に酸化バリウムとして鉱石から分離することに成功した。
引用元: バリウム – Wikipedia.

ビスマス(英: bismuth)は原子番号83の元素。元素記号は Bi。第15族元素の一つ。日本名は蒼鉛。
>18世紀にフランスのクロード・F・ジョフロアにより、単体であることが確認された。
>また、ビスマスは大きな熱電効果を示す物質であり、特にテルルとの合金は熱電変換素子として実用化されている。
>上記以外にも、高比重・低融点で比較的柔らかく無害である事から鉛の代替として注目され、散弾や釣り用の錘、鉛・カドミウムの代替として黄銅への添加剤、ガラスの材料などとして用いられている。
引用元: ビスマス – Wikipedia.

バークリウム (英: berkelium) は原子番号97の元素。元素記号は Bk。アクチノイド元素の一つ。超ウラン元素でもある。安定同位体は存在しない。比重は14.78、融点は986℃(1000K程度)。原子価は+3、+4価(+3価が安定)。物理的、化学的性質の詳細は良く分かっていない。
>1949年、シーボーグ等(米国)が、アメリシウム241にアルファ粒子を当てて、バークリウム243を作った(発見した)[1]。
元素名は、初めて発見された場所(カリフォルニア大学バークレー校)の地名(バークレー)に由来する[1]。
引用元: バークリウム – Wikipedia.

ボーリウム(英: bohrium)は原子番号107の元素。元素記号は Bh。安定同位体は存在せず、半減期も数秒からミリ秒台と非常に短い。超ウラン元素、超アクチノイド元素であるが、その物理的、化学的性質の詳細は不明。
>正式名称が決まるまでは系統名でウンニルセプチウム (Uns) と呼ばれていた。1997年に物理学者ニールス・ボーアの名からボーリウムと名付けられた[3]。
引用元: ボーリウム – Wikipedia.

ベリリウム(新ラテン語: beryllium[1], 英: beryllium)は原子番号4の元素。元素記号は Be。第2族元素に属し、原子量は約9.012である。ベリリウムは緑柱石などの鉱物から産出される。緑柱石は不純物に由来する色の違いによってアクアマリンやエメラルドなどと呼ばれ、宝石にも用いられる。
>鉱物学者であったルネ=ジュスト・アユイはこの二つの結晶が著しい類似点を示すことを発見し、彼はこれを化学的に分析するために化学者であるルイ=ニコラ・ヴォークランに尋ねた。1797年、ヴォークランは緑柱石をアルカリで処理することによって水酸化アルミニウムを溶解させ、アルミニウムからベリリウム酸化物を分離させることに成功した[49]。
>ベリリウムの用途には、その物理的性質を利用したX線装置や構造材、鏡(ベリリウムミラー)、合金材料、音響材料としての用途、磁気的性質を利用した工具製造、電子物性を利用した電子材料、核的性質を利用した中性子源や、ベリリウム鉱石の外観の美しさを利用した宝石としての用途が挙げられる。
引用元: ベリリウム – Wikipedia.