アイソン彗星



2013年11月に地球に最接近した
「今世紀で最も明るい彗星」
とも呼ばれる巨大な彗星は
「◯◯◯◯彗星」?
ソーイルシ
ッアフンパ
アイソン(答)
23%
「アイソン彗星」

CIMG7071xGRLJ38nHd2R
NASAの彗星探査機
「ディープ・インパクト」が
探査した彗星は「◯◯◯◯
第1彗星?
ンルレーナ
ジペボテリ
テンペル(答)
「テンペル第1彗星」

ですが、「ディープ・スペース1号」が調査した彗星は「○○○○彗星」?
ボレリー(答)
「ボレリー彗星」


2009年2月に地球に再接近して話題となった、次回の太陽への再接近は数万年後と予測されている彗星は「○○○○彗星」?
ルーリン(答)
「ルーリン彗星」鹿林彗星
引用元:「彗星と公転周期」百武彗星 ヘール・ボップ彗星 池谷・関彗星 池谷・張彗星 スイフト・タットル彗星 ハレー彗星 エンケ彗星  「池谷薫」「関勉」 「ディープインパクト」テンペル第1彗星「ディープスペース」ボレリー彗星 「オールトの雲」彗星の発生源「ヤン・オールト」 http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/9395/

【速報】2013年11月29日(日本時間)のアイソン彗星

アイソン彗星は、日本時間の11月29日早朝、太陽に最も接近(近日点を通過)しました。

太陽・太陽圏観測衛星SOHOなどの太陽観測衛星の画像によると、アイソン彗星は、近日点通過前の日本時間午前2時過ぎから暗くなり始めました。近日点通過後は、核と思われるような構造がほとんどなくなり、軌道上に広がった細長い構造が淡く輝くのみとなりました。これは核が崩壊した後の破片群、あるいは大きめの塵(ちり)の集団と考えられます。

このことから、今後、アイソン彗星が明るい彗星として見える可能性は低くなったと考えられます。

(2013年11月29日 掲載)

アイソン彗星について

2012年9月21日(世界時)、ベラルーシのヴィタリー・ネフスキー(Vitali Nevski)とロシアのアルチョム・ノヴィチョノク(Artyom Novichonok)は、国際科学光学ネットワークの40センチメートル反射望遠鏡を用いた観測で、かに座方向におよそ19等の彗星状の天体を捉えました。発見時、この天体にはわずかに拡散したコマが認められましたが、その後の複数の確認観測により彗星と確定され、「アイソン彗星(C/2012 S1(ISON))」と命名されました。アイソン(ISON)は、発見者が所属する国際科学光学ネットワーク(International Scientific Optical Network)の略称です。

発見時の、太陽からアイソン彗星までの距離は約6.3天文単位、木星の軌道よりも外側の遠い位置でした。(参考:CBET No.3238, 2012 September 24)
引用元:アイソン彗星 | 国立天文台(NAOJ) https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2013/ison.html

アイソン彗星(アイソンすいせい、ISON)とは、彗星の1つである[1][2][4][5][6]。彗星の命名規則による仮符号はC/2012 S1。

発見[編集]
アイソン彗星は2012年9月21日にキスロヴォツク天文台 (Kislovodsk Observatory) にてヴィタリー・ネフスキー (Vitaly Nevsky) とアルチョム・ノヴィチョノク (Artem Novichonok) によって発見された[2][4][6]。名前は発見者が所属しているチーム、国際科学光学ネットワーク (International Scientific Optical Network, ISON) に因む[6]。発見時は視等級が19等級程度の極めて暗い天体として発見されたが、地球から約10億km程度離れた木星周回軌道付近にある点を考慮すると、非常に明るい彗星であった[2]。

近日点通過と崩壊[編集]
11月28日、NASAは、アイソン彗星が太陽へ最接近した際に消滅したとみられると発表した。2760度まで達するとされる高温による内部の蒸気圧、太陽の重力による潮汐力で核が崩壊、蒸発したと考えられている[9][10][11]。しかし翌日になって、NASAは彗星の一部が生き残っている可能性があると発表した[12]。先の発表後に太陽観測衛星によって撮影された映像に再び映し出されたためである。ただし、その明るさは最接近前に比べると大幅に暗くなっていた。12月2日、NASAは、「単なる破片か彗星核の残りかは不明だが、太陽再接近後に何かが再出現した事は明らかである」としつつ、「現時点では塵しか残っていないと思われる」との見解を発表した[13]。
引用元:アイソン彗星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%BD%97%E6%98%9F